Translation: from azerbaijani

驚きのしるし

  • 1 əlamət

    【名】
    しるし、 表れ、 あかし
    [シルシ、 アラワレ、 アカシ]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > əlamət

  • 2 ah

    【間】
    おお、 ああ、 はあ
    [オオ、 アア、 ハア]

    Ah, kaş Top burada olaydı. Lakin təəssüf ki, Top da yiyəsilə eyni zamanda yox olmuşdu. — ああ、 トップがここにいればなぁ。だが、 残念なことに、 トップも、 主人と同時に居なくなってしまった。

    メモ: 苦痛や驚き、 悲しみを表す

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > ah

  • 3 ayağı perdəlilər

    【名】 【生物】
    水かきのある生き物
    [ミズカキノアルイキモノ]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > ayağı perdəlilər

  • 4 müşahidə etmək

    【動】
    観察する、 観測する
    [カンサツスル、 カンソクスル]

    Penqrof dünənki boranın, yerin zahiri görünüşünü dəyişdiyini heyrətlə müşahidə etdi. — ペングロフは、 昨日の嵐が大地の外観を変えてしまったことを驚きをもって観察した。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > müşahidə etmək

  • 5 ağır

    I
    【形】
    厳しい、 激しい、 強烈な
    [キビシイ、 ハゲシイ、 キョウレツナ]

    Əli Kərimli Lalə Şövkətin ağır tənələri ilə üzləşəcəkdi. — アリー・キャリームリは、 ラーラ・ショヴケトの激しい非難に直面することとなった。

    II
    【形】
    厳しい、 困難な、 重大な、 深刻な
    [コンナンナ、 ジュウダイナ、 シンコクナ]

    ağır xəsarət — 重傷

    1139-cu il sentyabrın 30-da baş verən zəlzələ şəhərə ağır zərbə vurdu. — 1139年9月30日に発生した地震は、 町に大きな打撃を与えた。

    【副】
    厳しく、 困難に、 重大に、 深刻に
    [キビシク、 コンナンニ、 ジュウダイニ、 シンコクニ]

    Şeyxəli xan Dərbənddə ağır xəstələndi. — シェイフ・アリー・ハーンは、 ダルバンドで重病に倒れた。

    IV
    【形】
    重い、 重量のある
    [オモイ、 ジュウリョウノアル]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > ağır

  • 6 aydın

    I
    【形】
    澄んだ、 明瞭な、 澄み渡った
    [スンダ、 メイリョウナ、 スミワタッタ]
    II
    【形】
    明確な、 明白な、 はっきりした
    [メイカクナ、 メイハクナ、 ハッキリシタ]

    İzlər çox aydın olub, qum təpələrinə doğru gedirdi. — 足跡は非常にはっきりしており、 砂山に向かって伸びていた。

    Şamaxı hərbi cəhətdən xeyli güclü xanlıq idi və buna görə də onu ələ keçirməyin yüngül olmayacağı aydın idi. — シャマフは軍事面で非常に強力なハーン政権であったため、 ここを手に入れるのは容易に

    【副】
    明確に、 明白に、 はっきりと
    [メイカクニ、 メイハクニ、 ハッキリト]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > aydın

  • 7 baş əymək

    【動】
    頭を下げる、 おじぎする
    [アタマヲサゲル、 オジギスル]

    Dənizçi təsdiq işarəsilə başını əydi. — 水兵は、 同意のしるしに頭を下げた。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > baş əymək

  • 8 belə

    I
    【副】
    ~すら、 ~さえ
    [スラ、 サエ]

    O, qulaq asmaq belə istəmirdi. — 彼は聞こうともしない。

    Dodaqlarından bir kəlmə belə şikayət və ya qorxu sözü eşidilmirdi. — 彼らの口からは、 一言も不満や恐れの言葉は聴かれなかった。

    Sayrus Smit, Gedeon Spilet, Nab və Herbert bir söz belə demədən qondolada yerləşdilər. — サイラス・スミス、 ゲデオン・スピリット、 ナブ、

    II
    【形】
    このような、 そのような
    [コノヨウナ、 ソノヨウナ]

    Dənizçi belə sualı gözləmədiyi üçün fikrə getdi. — 水兵は、 このような質問を予期していなかったため、 考え出した。

    【代】
    このようなもの、 そのようなもの
    [コノヨウナモノ、 ソノヨウナモノ]

    Belələrindən biri də indi ömrünün 70-ci baharını yaşayan Oqtay Əfəndiyev idi. — こういった人物の1人が、 現在人生の70年目の春を生きているオグタイ・エフェンディイェフである。

    IV
    【副】
    このように、 そのように
    [コノヨウニ、 ソノヨウニ]

    Martın 25-ci gecəsi belə keçdi. — 3月25日の夜は、 このように過ぎた。

    Herbert belə mülahizə edirdi. — ハーバートは、 このように考えていた。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > belə

  • 9 biri

    【代】
    誰か、 ある者、 とある者
    [ダレカ、 アルモノ、 トアルモノ]

    o biri — 別の

    Gecə saat ikiyə yaxın şirin yuxuya getmiş Penqrof, birisinin onu dürtmələdiyini hiss etdi. — 夜2時頃、 熟睡していたペングロフは、 誰かが彼を肘でつつくのを感じた。

    Birisi mağarada qalmallıdır. — 彼らのうちの誰かが洞窟に残るべきである。

    メモ: 英語の"someone, anyone"

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > biri

  • 10 boran

    【名】
    [アラシ]

    qar boranı — 吹雪

    Penqrof dünənki boranın, yerin zahiri görünüşünü dəyişdiyini heyrətlə müşahidə etdi. — ペングロフは、 昨日の嵐が大地の外観を変えてしまったことを驚きをもって観察した。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > boran

  • 11 bura

    I
    【代】
    ここ、 そこ
    [ココ、 ソコ]

    Buranın da hər yer kimi yaxşı və pis cəhətləri vardır. — ここにも、 他のあらゆる場所と同様、 良い点と悪い点がある。

    Top meni buraya gətirdi. — トップが私をここまで連れてきました。

    Burası ada isə, gəmilərin hərəkəti yolunda olduğuna ümid bəsləmək olar. — ここが島でも、 船の航路上にあるという望みもある。

    II
    【副】
    ここで、 そこで
    [ココデ、 ソコデ]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > bura

  • 12 bəlli

    【形】
    知られた、 明らかな
    [シラレタ、 アキラカナ]

    Nabın və yoldaşlarının kədəri büsbütün bəlli şeydi. — ナブと仲間たちの悲嘆は、 完全にはっきりしたものとなった。

    İndiyə qədər qalmış yazıların çoxu oxunsa da, bəzilərinin məzmunu hələ bəlli deyil. — 現在まで残されている書かれたものの多くは読まれているが、 一部の内容は、 いまだに知られていない。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > bəlli

  • 13 bənzər

    【形】
    同様の、 ~のごとき、 ~のような、 ~に似た
    [ドウヨウノ、 ゴトキ、 ヨウナ、 ニタ]

    Gədəbəy və ona bənzər rayonlar — ギャデベイと、 同様の地方

    Əfqanıstanda qarşılaşdığımız problemlər, Vyetnamdakıların bənzəri deyil.., ondan çox-çox pisdir. — アフガニスタンで我々が直面している問題は、 ベトナムのものと同様ではない。それよりも、 ずっと悪いものだ。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > bənzər

  • 14 çılpaqlaşdırmaq

    【動】
    あらわにする、 むき出しにする
    [アラワニスル、 ムキダシニスル]

    Üç saatdan sonra çəkilmə boğazın qumlu dibinin çox hissəsini çılpaqlaşdırdı. — 3時間後、 引き潮が海峡の砂床の大部分をあらわにした。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > çılpaqlaşdırmaq

  • 15 çırpmaq

    I
    【動】
    混ぜる、 かき混ぜる、 シェイクする
    [マゼル、 カキマゼル、 シェイクスル]
    II
    【動】
    叩きつける、 ドシンと置く
    [タタキツケル、 ドシントオク]

    Mühəndis yalnız küləyin balonu yerə çırpıb parça-parça edəcəyindən qorxurdu. — 技師は、 風が気球を地面に叩きつけて、 バラバラにしてしまうことだけを恐れていた。

    Jurnalist əlini dənizçinin çiyinə çırparaq … — ジャーナリストは水兵の肩に力強く手を置いて、 ・・・

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > çırpmaq

  • 16 çıxarmaq

    I
    【動】
    ~してきた
    [シテキタ]
    メモ: *ib çıxarmaq
    II
    【動】
    引き上げる、 撤収する
    [ヒキアゲル、 テッシュウスル]
    【動】
    出す、 引き抜く、 抜き出す、 くり抜く
    [ダス、 ヒキヌク、 ヌキダス、 クリヌク]

    Ət sümüklə birlikdə bişirilir və bişəndən sonra sümüyünü çıxarırlar. — 肉が骨と一緒に煮られ、 煮た後に骨を抜く。

    IV
    【動】
    連れ出す、 連れて行く
    [ツレダス、 ツレテイク]

    Onlar döyüşə 20 min piyada və 8 min atlıdan ibarət qoşun çıxara bilirdilər. — 彼らは、 戦闘に2万名の歩兵と8千名の歩兵からなる軍勢を連れていくことができた。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > çıxarmaq

  • 17 diri

    I
    【形】
    生きている、 生存している
    [イキテイル、 セイゾンシテイル]

    Qoca olmağına baxmayaraq o hələ diridir. — 老いてはいるが、 彼はまだ生きている。

    II
    【形】
    生煮えの、 火が通っていない
    [ナマニエノ、 ヒガトオッテイナイ]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > diri

  • 18 dolanmaq

    I
    【動】
    うろうろする、 ぶらぶらする、 歩きまわる
    [ウロウロスル、 ブラブラスル、 アルキマワル]

    Penqrof da, vaxtını nə ilə öldürməyi bilməyən adam kimi əllərini cibinə qoyaraq əsnəyə-əsnəyə dolanırdı. — ペングロフも、 どうやって暇を潰したものか分からず、 ポケットに手を突っ込んで、 あくびをしながら、 うろうろしていた。

    II
    【動】
    回る、 回転する
    [マワル、 カイテンスル]
    【動】
    回る、 周回する、 周りをめぐる
    [マワル、 シュウカイスル、 マワリヲメグル]

    Bu maneəni nə dolanıb keçmək mümkündü, nə də dəf etmək. — この障害物は迂回して通り過ぎることも、 排除することもできなかった。

    IV
    【動】
    暮らす、 生活する
    [クラス、 セイカツスル]

    Qarət etməklə dolanan “ləzgilər”-in sayı böyük miqdarda azalmışdır. — 掠奪で生計を立てる「レズギ人」の数は、 相当数減少した。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > dolanmaq

  • 19 dolaşmaq

    【動】
    歩きまわる、 うろつく
    [アルキマワル、 ウロツク]

    Bu adanı o başından bu başına qədər dolaşmışıq. — 我々は、 この島を端から端まで歩きまわってしまった。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > dolaşmaq

  • 20 dəf etmək

    【動】
    撃退する、 払いのける
    [ゲキタイスル、 ハライノケル]

    Bu maneəni nə dolanıb keçmək mümkündü, nə də dəf etmək. — この障害物は迂回して通り過ぎることも、 排除することもできなかった。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > dəf etmək

Look at other dictionaries:

  • きっする — I きっする【吃する】 (1)どもる。 「口~・して卒(ニワカ)に言ふ能はざるなりき/金色夜叉(紅葉)」 (2)「喫する」に同じ。 「一驚を~・して回顧(カエリミ)る折/蜃中楼(柳浪)」 II きっする【喫する】 (1)飲む。 食べる。 「茶を~・する」「一豆の飯を得ても士とともに~・し/太平記 37」 (2)(よくないことを)受ける。 こうむる。 「惨敗を …   Japanese explanatory dictionaries

  • かきだし — かきだし【書(き)出し】 (1)文章の書き始めの部分。 冒頭。 (2)請求書。 勘定書き。 「払ひの時分, ~に驚く事なり/浮世草子・永代蔵 4」 (3)歌舞伎の番付の最初に記される俳優。 多く人気のある若手俳優が記される。 初筆(シヨフデ)。 → 留め筆 → 中軸 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 書き出し — かきだし【書(き)出し】 (1)文章の書き始めの部分。 冒頭。 (2)請求書。 勘定書き。 「払ひの時分, ~に驚く事なり/浮世草子・永代蔵 4」 (3)歌舞伎の番付の最初に記される俳優。 多く人気のある若手俳優が記される。 初筆(シヨフデ)。 → 留め筆 → 中軸 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ぎゃあ — (感) 激しい苦痛や恐れ・驚きのために発する語。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • した — I した【下】 (1)基準とする点より相対的に低い方向, または位置。 「ベランダから~に落ちる」「~から見上げる」「~の部屋」「東京の空の~」 (2)ある人の支配の及ぶところ。 支配下。 「あの人の~で働くのはつらい」 (3)表面から見えない部分。 内側。 「~にとのこを塗り, 上に漆を塗る」「~にシャツを着る」 (4)紙などを人の前に置いたとき, その人に近い方向, またはその位置。 「~から五字目の文字」「本文の~に脚注をつける」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • きょうふ — I きょうふ【侠婦】 侠気のある婦人。 侠女。 II きょうふ【怯夫】 臆病(オクビヨウ)な男。 懦夫(ダフ)。 III きょうふ【恐怖】 恐れること。 恐れ。 「~感」「~心」「人心を~せしむる事件/日本開化小史(卯吉)」 IV きょうふ【教父】 (1)〔church fathers〕 古代キリスト教会の代表的神学者。 カトリック教会では, その中でも正統信仰をもち, 模範的な生涯を送ったとして特に公認された人々をいう。 アウグスティヌスなどが有名。 教会教父。 (2)男性の代親。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • きも — きも【肝】 (1)肝臓。 (2)気力。 胆力。 度胸。 「~が太い」 (3)五臓六腑(ロツプ)。 「我(ア)が~もみ膾(ナマス)はやし/万葉 3885」 (4)工夫。 思案。 「あまりに~過ぎてしてけるにこそ/沙石(七・古活字本)」 ~が据(ス)わ・る 度胸があり, めったなことでは動揺しない。 ~が太(フト)・い 勇気があって物に動じない。 大胆だ。 ~に銘(メイ)・ずる 心に深く刻みつける。 ~を煎(イ)・る (1)世話をする。 取りもつ。 (2)心をいらいらさせる。 心を悩ます。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • しろくろ — しろくろ【白黒】 (1) 白と黒。 (2) 写真・映画・テレビなどで, 白と黒の濃淡だけで画像が表されているもの。 モノクローム。 (3) (「目を白黒させる」の形で)目を白目にしたり黒目にしたりして驚きあるいは苦しむさま。 (4) 物事の是非。 善悪・正邪。 無罪と有罪。 「~を争う」「~をつける」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • したぶるい — したぶるい【舌振るひ】 驚き恐れて, 舌を震わせること。 舌振り。 「東国の兵これを見て, ~して進まざりければ/盛衰記 35」 → 舌を振る …   Japanese explanatory dictionaries

  • きょうき — I きょうき【侠気】 権勢や強者に屈せず, 弱者を助けて正義を行おうとする心。 おとこぎ。 「~に富む」「~のある男」 II きょうき【共起】 〔言〕 〔co occur〕 複数の言語現象が同一の発話・文・文脈などの言語的環境において生起すること。 「しとしと」は「雨が降る」とは共起するが, 「雪が降る」とは共起しないといえる。 アメリカの言語学者ハリス(Z. S. Harris (1909  ))の用語。 III きょうき【凶器・兇器】 (1)人を殺傷するに足る器具。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • きょうこう — I きょうこう【凶荒】 農作物の実りが非常に悪いこと。 凶作。 飢饉(キキン)。 凶歉(キヨウケン)。 II きょうこう【凶行・兇行】 凶悪な犯行。 「~に及ぶ」 III きょうこう【匡衡】 中国, 前漢の人。 字(アザナ)は稚圭。 家貧しく, 隣舎の壁に穴をうがって光を引いて読書し, 大儒になったという。 官は太子少傅に至る。 生没年未詳。 IV きょうこう【向後・嚮後】 これからのち。 以後。 今後。 きょうご。 こうご。 ⇔ 向来… …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.