Translation: from english to japanese

from japanese to english

興じる

Look at other dictionaries:

  • 興じる — きょうじる【興じる】 〔サ変動詞「興ずる」の上一段化〕 「興ずる」に同じ。 「トランプに~・じる」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 興がる — きょうがる【興がる】 (1)おもしろがる。 また, そのような態度を見せる。 「つまらぬ裏話を~・って聞きいる」 (2)不思議に思う。 怪しく思う。 「そこより水湧き出づ。 ~・りて, 方二三尺深さ一尺余ばかり掘りたれば/古本説話 47」 (3)普通と変わっている。 風変わりである。 「折節風荒くして, ~・る島へぞ着けにける/御伽草子・一寸法師」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 興ずる — きょうずる【興ずる】 (1)楽しむ。 愉快な時を過ごす。 「思い出話に~・ずる」 (2)興味をもつ。 また, 好む。 「少将此れを極(イミジ)く~・じける人にて/今昔 30」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • きょうじる — きょうじる【興じる】 〔サ変動詞「興ずる」の上一段化〕 「興ずる」に同じ。 「トランプに~・じる」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ちばしる — ちばしる【血走る】 眼球が充血して赤くなる。 物事に熱中したり, 興奮したりしたさまを表すことが多い。 「~・った目」「目を~・らせる」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じょうどじ — じょうどじ【浄土寺】 (1)兵庫県小野市浄谷町にある真言宗の寺。 山号は極楽山。 聖武天皇の勅願で行基が開創した広度寺を, 鎌倉初期に重源が中興。 大仏様式の特徴を伝える浄土堂と阿弥陀三尊像は国宝。 (2)広島県尾道市尾崎町にある真言宗の寺。 山号は転法輪山。 聖徳太子の創建と伝える。 鎌倉後期に定証が再興したが, 1325年に全焼。 現存の本堂と多宝塔は鎌倉末期の再建で国宝。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しらいまつじろう — しらいまつじろう【白井松次郎】 (1877 1951) 実業家。 京都生まれ。 実弟大谷竹二郎とともに松竹合名会社・松竹キネマを創設し, 文楽座・歌舞伎座を復興するなど演劇興行界に貢献。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じゅしはしり — じゅしはしり【呪師走り】 (1)法会のあとで, 呪師が演じる芸能。 呪法をわかりやすく示すもので, 曲芸的な演技が多い。 (2)奈良興福寺の薪能(タキギノウ)に伝存する四人翁の特殊な演式。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しゅうおんあん — しゅうおんあん【酬恩庵】 京都府田辺町にある臨済宗大徳寺派の寺。 南浦紹明(ナンポシヨウミヨウ)が創建した妙勝寺を康正年間(1455 1457)に一休宗純が再興して寺名を改称。 一休の墓と木像・画像がある。 廟前庭園は室町時代の作。 通称, 一休寺。 薪(タキギ)寺。 しゅうおんなん。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じょうるりばんづけ — じょうるりばんづけ【浄瑠璃番付】 人形浄瑠璃の興行で, 宣伝や案内のために印刷された一枚刷りのもの。 上演月日・上演曲目・舞台面の絵・配役・出演者名・座名などをしるす。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じげれんが — じげれんが【地下連歌】 鎌倉・南北朝時代に, 宮廷貴族でなく, 地下の作者たちが詠み興じた連歌。 救済(キユウセイ)の時, 二条良基に認められて宮廷貴族の堂上連歌(トウジヨウレンガ)と合流し, 有心(ウシン)連歌の確立に至る。 ⇔ 堂上連歌 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.