Translation: from english

背負った

Look at other dictionaries:

  • 背負って立つ — しょってたつ【背負って立つ】 社会や組織の中で, 課せられた仕事を責任をもって引き受ける。 中心となって働く。 「次代を~・つ若者」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 背負い籠 — しょいご【背負い籠】 背負うためのひもを取りつけてある籠(カゴ)。 しょいかご。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • おんぶばった — おんぶばった【負んぶ飛蝗】 〔交尾時, 小さい雄が雌の背に乗った姿が, 親が子をおぶっているように見えることからの名〕 直翅目の昆虫。 体長は雌が35ミリメートル内外, 雄は20ミリメートル内外。 体色は緑または褐色。 頭部は前方に細く突き出る。 日本各地に見られ, 中国にも分布。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • だいこくてん — だいこくてん【大黒天】 〔梵 Mahākāla 摩訶迦羅と音訳〕 (1)〔仏〕 三宝を守護し戦闘をつかさどった神。 普通三面六臂逆髪青黒の忿怒相につくる。 中国・日本では食物の神として寺などの厨房にまつられた。 大黒神。 (2)七福神の一。 狩衣に似た服を着て大黒頭巾をかぶり, 左肩に大袋を背負い, 右手に打ち手の小槌(コヅチ)を持ち, 米俵の上に座る像につくる。 日本では大国主神(オオクニヌシノミコト)と習合し, 福徳の神として民間の信仰を集める。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • たきぎのぎょうどう — たきぎのぎょうどう【薪の行道】 法華八講の法会の三日目に, 行基の作と伝えられる「法華経を我が得しことは薪こり菜つみ水くみ仕へてぞ得し」の歌を唱えながら, 薪を背負い水桶をかついだ者が, 大勢の僧の後について歩く儀式。 「~などありて舞楽をも奏せらるべきなれど/延徳御八講記」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • だ — I だ (助動) 〔「にてあり」から出た「である」が「であ」を経て「だ」となったもの。 中世末に東国方言として用いられるようになったという〕 名詞・副詞, ある種の助詞, および体言に準ずるものに接続する。 また「だ」の未然形「だろ(う)」と仮定形「なら」とは, 動詞・形容詞, 助動詞「れる・られる」「せる・させる」「ない」「ぬ」「たい」「た」などの終止・連体形にも付く。 さらに, 仮定形「なら」だけは助動詞「ます」の終止形にも付く。 (1)断定または指定の意を表す。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • つく — I つく【付く】 〔動詞五[四]段型活用。 動詞「付く」から〕 擬声語・擬態語に付いて, そういう様子になるという意を表す。 「がた~・く」「ごた~・く」「べた~・く」 II つく【付く】 ※一※ (動カ五[四]) ❶物と物とが接触・接合・付着する。 (1)二つの物が触れたまま離れなくなる。 くっつく。 接合する。 「折れた腕の骨がうまく~・いた」「接着剤でぴったり~・いて離れなくなる」 (2)ある物と他のある物とが接近してすき間がない状態になる。 「両ひざが軽く~・くように座る」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 負んぶ — おんぶ【負んぶ】 〔「おぶう」の転〕 (1)人を背負うこと, また背負われることをいう幼児語。 「母親に~する」 (2)人に頼ること。 特に, 支払いなどを他人に負担してもらうこと。 「費用をおやじに~する」 ~に抱(ダ)っこ すべて他人に頼り切りになること。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 負んぶ飛蝗 — おんぶばった【負んぶ飛蝗】 〔交尾時, 小さい雄が雌の背に乗った姿が, 親が子をおぶっているように見えることからの名〕 直翅目の昆虫。 体長は雌が35ミリメートル内外, 雄は20ミリメートル内外。 体色は緑または褐色。 頭部は前方に細く突き出る。 日本各地に見られ, 中国にも分布。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 負い真綿 — おいまわた【負い真綿】 上着と下着の間の背中の部分に広げた真綿を挟んで保温とするもの。 また, 真綿で作った袖無し状の保温衣。 ﹝季﹞冬。 《~落して歩く我は老/虚子》 …   Japanese explanatory dictionaries

  • つみ — I つみ【柘】 植物ヤマグワの古名。 [和名抄] II つみ【罪】 ※一※ (名) (1)法律的・道徳的・宗教的な規範に反する行為。 「~を犯す」 (2){(1)}に対して負うべき責任。 また, それに対して科される制裁。 刑罰。 「~に服する」「~を償う」「~に問われる」「人の~をかぶる」 (3)ある行為から生ずる, 他人に対する負い目や責任。 「無沙汰の~を許されたい」「我はおん身等に対して何の~をもおかししことなし/即興詩人(鴎外)」 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.