Translation: from english

病室などが

Look at other dictionaries:

  • かん — I かん (副) 〔近世は「くわん」とも表記〕 (多く「と」を伴って)小さな鐘・鉦(シヨウ)などをたたいた時の澄んだ音を表す語。 「鐘を~と鳴らす」 II かん【上】 〔「かみ(上)」の転。 「かむ」とも表記〕 「かみ」に同じ。 助詞「の」「つ」の前にあらわれる形。 「~つけ(上野)」「~のくだり(上件)」 III かん【冠】 ※一※ (名) かんむり。 ※二※ (ト|タル) 最も優れているさま。 最高と認められるさま。 多く「冠たる」の形で用いる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かいご — I かいご【介護】 病人などを介抱し世話をすること。 「~人」「老母を~する」 II かいご【卵】 〔殻(カイ)子の意〕 (1)たまご。 卵。 「うぐひすの~の中にほととぎすひとり生まれて/万葉 1755」 (2)卵などの殻(カラ)。 「肉団(シシムラ)の~開きて, 女子を生めり/霊異記(下訓注)」 III かいご【回護】 (1)かばいまもること …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんでも — なんでも【何でも】 ※一※ (副) (1)はっきりしないが。 どうやら。 「~今日は来るそうだよ」 (2)事情のいかんにかかわらず。 どうしても。 なんとかして。 「何が~行くしかない」「こりや~姫を連れて来て, 見せることぢやの/外科室(鏡花)」 ※二※ (連語) どれでも。 どんなことでも。 「~そろっている」「君のことなら~知っている」 ~な・い (1)取り立てていうほどのことではない。 どうということもない。 「この程度のけがは~・い」… …   Japanese explanatory dictionaries

  • かいしん — I かいしん【会心】 (1)心から満足に思うこと。 心にかなうこと。 「~の作」 (2)納得すること。 理解すること。 「自身の高尚霊妙なるを~して上々進歩する/福翁百余話(諭吉)」 II かいしん【回信】 返事の手紙。 返信。 III かいしん【回心】 〔conversion〕 あるきっかけで, 従来の生き方を悔い改め, 新しい信仰に目覚めること。 宗教的思想や態度に明確な変化が生じ, 新たな統一的自我が生まれる体験。 「一七歳の時に …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんき — I かんき【乾季・乾期】 一年のうちで, 雨の少ない期間。 熱帯・亜熱帯で, 雨季に対していう。 乾燥季。 → 雨季 II かんき【刊記】 昔の刊本で, 出版の時・所・刊行者名などを記した奥付に相当する部分。 III かんき【勘気】 主君・主人や父からのとがめ。 「~をこうむる」「~に触れる」「~を受ける」 IV かんき【喚起】 よびかけて, 注意・自覚・良心などをよびおこすこと。 「注意を~する」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんじゃ — I かんじゃ【冠者】 (1)元服式を済ませて, 冠を着けている少年。 また, 若者。 「其の~しかるべき所に宮仕へしける程に/今昔29」 (2)六位で無官の人。 「匡房卿いまだ無官にて江~とてありけるを/十訓 1」 (3)召し使いの若者。 〔室町後期以降撥音の無表記形から出た「くわじゃ」の語形も多く用いられるようになった〕 II かんじゃ【勘者】 よく気が付いて, 頭のはたらきのよい者。 目はしのよく利く人。 「人の気のつかぬ所を, さりとは名誉の~と/浮世草子・武家義理物語 3」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • とぎ — I とぎ【伽】 (1)話の相手になって機嫌をとったり, 退屈を慰めたりすること。 また, その人。 おとぎ。 「必ず弟儲けて給へ, ~にせさせん/盛衰記 43」 (2)寝室の相手をすること。 また, その人。 「今では宿屋のお客の~/浄瑠璃・生写朝顔話」 (3)病人の看護。 「妹のお才を~に遣つて置いたが/歌舞伎・幼稚子敵討」 (4)「御伽衆」に同じ。 II とぎ【研ぎ】 …   Japanese explanatory dictionaries

  • すかしみる — すかしみる【透かし見る】 (1)闇や霧などにおおわれ, 見えにくいものを, 目を凝らして確かめるように見る。 「夜目遠目だが何者なるかと~・みたらね/安愚楽鍋(魯文)」 (2)物のすき間から見る。 「格子のうちより~・みる」 (3)ガラスなどを通して見る。 「病室の窓から~・みれば/宝の山(眉山)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 透かし見る — すかしみる【透かし見る】 (1)闇や霧などにおおわれ, 見えにくいものを, 目を凝らして確かめるように見る。 「夜目遠目だが何者なるかと~・みたらね/安愚楽鍋(魯文)」 (2)物のすき間から見る。 「格子のうちより~・みる」 (3)ガラスなどを通して見る。 「病室の窓から~・みれば/宝の山(眉山)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しょうとう — I しょうとう【上童】 貴族の子弟で, 作法見習いのために昇殿を許されて出仕する男の子供。 うえわらわ。 II しょうとう【小党】 党員の少ない政党。 III しょうとう【小刀】 小さな刀。 また, 脇差(ワキザシ)。 ⇔ 大刀 IV しょうとう【小盗】 こそどろ。 こぬすびと。 V しょうとう【床榻・牀榻】 寝台。 また, 腰掛け。 VI …   Japanese explanatory dictionaries

  • しょかつさい — しょかつさい【諸葛菜】 アブラナ科の一年草。 中国原産。 根生葉は羽裂しダイコンの葉に似る。 高さ30~60センチメートル。 春, 紫色の四弁花をまばらな総状花序につける。 花壇などに植えるが, こぼれ種でよく増える。 俗にハナダイコンともいう。 紫金草(シキンソウ)。 オオアラセイトウ。 ムラサキハナナ。 ﹝季﹞春。 《病室にむらさき充てり~/石田波郷》 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.