Translation: from azerbaijani

地球の核

  • 1 nüvə

    I
    【名】
    核、 原子力
    [カク、 ゲンシリョク]
    II
    【名】
    核、 中核、 中心
    [カク、 チュウカク、 チュウシン]

    Bu dövrdə daş nüvələrindən qoparılmış qəlpələrdən müxtəlif əmək alətləri hazırlanırdı. — この時代、 石の核から取り出された欠片から、 様々な道具が作られた。

    【形】
    核の、 原子力の
    [カクノ、 ゲンシリョクノ]
    メモ: 被修飾語は所有接尾辞を要求する

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > nüvə

  • 2 çəki

    【名】
    重さ、 重量
    [オモサ、 ジュウリョウ]

    Yupiterin çəkisi bu sistemdə olan bütün başqa planetlərin birlikdə çəkisindən 2 dəfə, Yerin çəkisindən isə 1300 dəfə ağırdır. — 木星の重量は、 この星系にある他の全惑星の重量の合計よりも2倍、 地球の重量よりも1300倍重い。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > çəki

  • 3 dövrə

    【名】
    円周、 周囲
    [エンシュウ、 シュウイ]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > dövrə

  • 4 fırlanmaq

    I
    【動】
    回る、 回転する、 ひっくり返る
    [マワル、 カイテンスル、 ヒックリカエル]
    II
    【動】
    回る、 周回する、 回転する
    [マワル、 シュウカイスル、 カイテンスル]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > fırlanmaq

  • 5 formalaşmaq

    【動】
    形成される、 成立する
    [ケイセイサレル、 セイリツスル]

    Yer və Genəş sisteminin başqa planetləri formalaşdı. — 地球や太陽系のその他の惑星が形成された。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > formalaşmaq

  • 6 günəş

    【名】
    太陽
    [タイヨウ]

    Günəşin nuru ətrafə işıqlandırmışdır. — 太陽の光が周囲を照らした。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > günəş

  • 7 Günəş sistemi

    【名】
    太陽系
    [タイヨウケイ]

    Yer və Genəş sisteminin başqa planetləri formalaşdı. — 地球や太陽系のその他の惑星が形成された。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > Günəş sistemi

  • 8 mühit

    【名】
    環境
    [カンキョウ]

    Dörvürn ictimai-iqtisadi, siyasi mühitinə ümumi baxış — この時代の社会経済的、 政治的環境の概観

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > mühit

  • 9 nə də

    【接】
    ~も~もない
    [モモナイ]

    Təxminən 4,5 mlrd əvvəl nə Yer kürəsi, nə də başqa planetlər mövcud idi. — 約45億年前には地球も、 他も惑星も存在しなかった。

    Bu maneəni nə dolanıb keçmək mümkündü, nə də dəf etmək. — この障害物は迂回して通り過ぎることも、 排除することもできなかった。

    Lakin tonqal üçün nə bir ağac, nə quru budaq tapılmadı. — しかし、

    メモ: nə ***, nə də ***—nə ***, nə ***

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > nə də

  • 10 orbit

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > orbit

  • 11 Yer

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > Yer

  • 12 alt

    I
    【名】
    下、 下部、 底
    [シタ、 カブ、 ソコ]
    II
    【形】
    下の、 下部の
    [シタノ、 カブノ]

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > alt

  • 13 anadan olmaq

    【動】
    生まれる、 誕生する
    [ウマレル、 タンジョウスル]

    Cəfərov Vüqar Tofiq oğlu 1963-cü ildə Ağdam rayonunun Qazanlı kəndində anadan olub. — ヴガール・トーフィグオグル・ジャーファロフは、 1963年にアグダム地方のグザンル村で生まれた。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > anadan olmaq

  • 14 aparıcı

    I
    【名】
    司会者、 進行役、 キャスター
    [シカイシャ、 シンコウヤク、 キャスター]
    II
    【形】
    指導的な、 主導的な、 先導的な
    [シドウテキナ、 シュドウテキナ、 センドウテキナ]
    【形】
    主な、 主要な
    [オモナ、 シュヨウナ]

    Azərbaycanda yaradılmış TREND informasiya agentliyi Qafqazda və Xəzəryanı regionda aparıcı xəbər tədarükçüsüdür. — アゼルバイジャンで設立されたTREND情報局は、 コーカサスやカスピ海沿岸地域の主なニュースの調達部局である。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > aparıcı

  • 15 atom

    I
    【名】
    原子
    [ゲンシ]
    II
    【形】
    原子の、 核の
    [ゲンシノ、 カクノ]
    メモ: 被修飾語は所有接尾辞を要求

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > atom

  • 16 azad edilmək

    I
    【動】
    解放される、 自由にされる、 救い出される
    [カイホウサレル、 ジユウニサレル、 スクイダサレル]

    1775-ci ildə Dərbənddə 7 ildən bəri dustaq saxlanılan Məhəmmədsəid xan azad edildi. — 1775年、 7年にわたってダルバンドに虜囚の身にあったモハンマド・セイエド・ハーンが解放された。

    1734-cü ildə Şirvan azad edildi. — 1734年、 シルヴァーンは解放された。

    II
    【動】
    免除される、 免れる、 例外とされる
    [メンジョサレル、 マヌガレル、 レイガイトサレル]

    1705-ci ilə dair bir sənəddə Xudat qəsəbəsi icmasının vergilərdən azad edildiyi göstərilirdi. — 1705年の文書に、 フダート地区の人々が免税されていることが記されている。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > azad edilmək

  • 17 balon

    【名】
    気球、 風船
    [キキュウ、 フウセン]

    hava balonu — 気球

    Balonun enməsini mümkün qədər təxirə salmaq üçün son saniyəyə qədər mübarizə etməyə hazırdılar. — 彼らは、 気球の降下を可能な限り遅らせるために、 最後の一秒まで奮闘しようとしていた。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > balon

  • 18 başqa

    I
    【後】
    ~以外、 ~とは別の
    [イガイ、 トハベツノ]

    Qanun spartalılara hərbi işdən başqa digər işlərə məşğul olmağı qadağan edirdi. — 法は、 スパルタ市民が軍務以外の他の仕事に従事することを禁じていた。

    メモ: **dən başqa
    II
    【形】
    他の、 別の、 異なる
    [ホカノ、 ベツノ、 コトナル]
    【名】
    他のもの、 別のもの
    [ホカノモノ、 ベツノモノ]

    Əhməd bəy Cavanşirin, Baharının və başqalarının tarix kitabları Azərbaycanın müəyyən regionlarının tarixini işıqlandırır. — アフマド・ベク・ジャヴァーンシール、 バハルル、 その他の人物の歴史書は、 アゼルバイジャンのある地域の歴史を明らかとしている。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > başqa

  • 19 bəzi

    【他】
    いくつかの、 いくらかの
    [イクツカノ、 イクラカノ]

    Atropatena dövləti əsasən indiki Cənubi Azərbaycanı və Azərbaycan Respublikasının bəzi cənub rayonlarını əhatə etmişdir. — アトロパテネ王国は、 基本的に、 今日の南アゼルバイジャンとアゼルバイジャン共和国の南部の地方の一部を包含していた。

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > bəzi

  • 20 canişin

    【名】
    代官、 代理人
    [ダイカン、 ダイリニン]

    Azərbaycanda hakimiyyəti ələ keçirməyə çalışan feodal əyanları bir tərəfdən Teymur canişinə qarşı, digər tərəfdən isə öz aralarında mübarizə aparırdılar. — アゼルバイジャンでは、 権力を手に入れようとする封建有力者たちが、 一方ではティムール朝の代官に対して、 他方では彼らの間で、 戦っ

    Azərbaycanca — Yaponca Lüğət > canişin

Look at other dictionaries:

  • 核の冬 — かくのふゆ【核の冬】 核戦争後に起こるとされる全地球的規模の寒冷化現象。 核爆発とそれに伴う大火災によって生ずる大量の煤煙(バイエン)・塵埃(ジンアイ)が太陽光を遮り, 地球の温度を下げる。 1983年に米国の科学者らが命名。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かくのふゆ — かくのふゆ【核の冬】 核戦争後に起こるとされる全地球的規模の寒冷化現象。 核爆発とそれに伴う大火災によって生ずる大量の煤煙(バイエン)・塵埃(ジンアイ)が太陽光を遮り, 地球の温度を下げる。 1983年に米国の科学者らが命名。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • がいかく — I がいかく【外客】 外国から来た客。 がいきゃく。 「二, 三の~椅子に坐したり/日乗(荷風)」 II がいかく【外核】 地球の核のうち, 2900キロメートル以深, 5100キロメートル以浅の部分。 地震波の S 波が伝わらない。 鉄を主とし, ニッケル・ケイ素・硫黄などが加わった溶融状態と考えられている。 → 内核 → 地球 III がいかく【外殻】 外側にある殻(カラ)。 IV がいかく【外角】 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ないかく — I ないかく【内核】 地球の核のうち, 5100キロメートル以深の部分。 ほとんど鉄からなる固体状と考えられている。 → 外核 → 地球 II ないかく【内殻】 内部にある殻(カラ)。 III ないかく【内角】 (1)〔数〕 多角形の隣り合った辺がつくる多角形の内部の角。 (2)野球で, 本塁ベースの打者寄りの側。 インコーナー。 「~低めの球」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しんてつげんそ — しんてつげんそ【親鉄元素】 元素の地球化学的な分類の一。 地球の核に集まる元素の一群。 鉄・ニッケル・コバルトなど。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 親鉄元素 — しんてつげんそ【親鉄元素】 元素の地球化学的な分類の一。 地球の核に集まる元素の一群。 鉄・ニッケル・コバルトなど。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かく — I かく (動カ五[四]) 〔「掻く」と同源〕 (1)体内にある汚いもの, 好ましくないものを外に出す。 「走ったものだから汗を~・いた」「いびきを~・く」「恥を~・く」 (2)好ましくないことをする。 「ほえづら~・くな」「べそを~・く」 II かく【下矩】 外惑星が太陽の西側九〇度に来ることで, 日の出頃に南中する。 西矩。 西方矩。 ⇔ 上矩 → …   Japanese explanatory dictionaries

  • Mainichi-Kulturpreis — Der Mainichi Kulturpreis (jap. 毎日出版文化賞, Mainichi Shuppan Bunka Shō) wird seit 1947 alljährlich vom Verlag Mainichi Shimbun für herausragende kulturelle Leistungen in 4 verschiedenen Kategorien vergeben. Die Preisträger des Kulturpreises werden im …   Deutsch Wikipedia

  • ちかく — I ちかく【地核】 ⇒ 核(7) II ちかく【地殻】 地表からモホロビチッチ不連続面までの部分。 固体地球の表層を形づくる。 その厚さは, 大陸では厚く(平均30~40キロメートル), 海洋底では薄い(約6キロメートル)。 大陸の地殻は上・下に分けられ, 上部地殻は花崗(カコウ)岩質岩石, 下部地殻は斑糲(ハンレイ)岩質岩石から成り, また海洋底地殻は斑糲岩質岩石から成ると考えられている。 III ちかく【地角】 (1)大地の果て。 僻遠(ヘキエン)の地。 (2)みさき。 IV… …   Japanese explanatory dictionaries

  • とし — I とし (連語) 〔格助詞「と」に副助詞「し」の付いたもの〕 「と」を強調して表す。 「生き~生けるもの, いづれか歌をよまざりける/古今(仮名序)」 II とし【利し・鋭し】 (1)するどい。 よく切れる。 「~・き刀を取りて, 自ら舌を切らんとす/今昔 4」 (2)勢いがはげしい。 すさまじい。 「ぬばたまの夜さり来れば巻向の川音高しもあらしかも~・き/万葉 1101」 III とし【妬視】 …   Japanese explanatory dictionaries

  • けいせん — I けいせん【係船・繋船】 (1)船舶を港などにつなぎとめること。 また, その船。 「岸壁に~する」 (2)不況などのために, 所有船を使用しないで港につなぎとめておくこと。 また, その船。 II けいせん【渓泉】 谷にわく泉。 谷間の清水。 III けいせん【経線】 地球上の位置をきめるために, 両極を結んで地球の表面にひいた, 経度を示す仮想の線。 子午線。 ⇔ 緯線 IV けいせん【継戦】 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.