Translation: from japanese

三爪痕

  • 1 爪痕

    つめあと【爪跡・爪痕】 (цумэато)
    царапина от ногтя; след, оставленный ногтем (когтем); линия, проведённая ногтем.

    Японско-русский словарь > 爪痕

  • 2 爪痕を残す

    [爪跡を残す] leave one's [a] mark 〔…に〕足跡をとどめる, 強い影響を及ぼす〔on
    (見出しへ戻る headword ⇒ 爪痕)
    * * *
    leave one's [a] mark 〔…に〕足跡をとどめる, 強い影響を及ぼす〔on
    (見出しへ戻る headword ⇒ 爪痕)

    Japanese-English dictionary > 爪痕を残す

  • 3 爪痕

    つめあと【爪痕, 爪跡】
    *scratch
    〖C〗ひっかいた跡.
    ¶その台風による~がまだ残っている
    There are still some signs of the damage caused by the typhoon.
    * * *
    そうこん【爪痕】
    a nail mark; 〔ひっかき傷〕 a scratch.

    Japanese-English dictionary > 爪痕

  • 4 爪痕

    つめあと【爪痕】
    (n) fingernail mark; scratch; scar; ravages

    Japanese-English new dictionary (日本語 - 英語新しい辞書) > 爪痕

  • 5 爪跡

    つめあと【爪跡・爪痕】 (цумэато)
    царапина от ногтя; след, оставленный ногтем (когтем); линия, проведённая ногтем.

    Японско-русский словарь > 爪跡

  • 6 爪跡

    つめあと
    fingernail mark
    scratch
    scar
    ravages
    * * *
    つめあと【爪痕, 爪跡】
    *scratch
    〖C〗ひっかいた跡.
    ¶その台風による~がまだ残っている
    There are still some signs of the damage caused by the typhoon.
    * * *
    つめあと【爪跡】
    a scratch; a (finger)nail mark.

    ●戦争の爪跡がまだ残っている. There are still scars left from the war.

    Japanese-English dictionary > 爪跡

  • 7 爪跡を残す

    leave one's [a] mark 〔…に〕足跡をとどめる, 強い影響を及ぼす〔on
    (見出しへ戻る headword ⇒ 爪痕)

    Japanese-English dictionary > 爪跡を残す

  • 8 つめあと

    つめあと【爪跡・爪痕】 (цумэато)
    царапина от ногтя; след, оставленный ногтем (когтем); линия, проведённая ногтем.

    Японско-русский словарь > つめあと

  • 9 そうこん

    [早婚] early marriage 【C】.
    ¶→彼女は早婚だった
    創痕
    scar
    * * *
    そうこん【早婚】
    early marriage 〖C〗.
    * * *
    I
    そうこん【爪痕】
    a nail mark; 〔ひっかき傷〕 a scratch.
    II
    そうこん【早婚】
    (an) early marriage.
    ~する marry young.

    早婚の人 a person who married young [early].

    早婚を奨励する encourage early marriage.

    ●彼は早婚だった. He married young.

    III
    そうこん【走根】
    【動】 a stolon.
    IV
    そうこん【草根】
    a grass root.
    草根木皮 roots of herbs and barks of trees; medicinal herbs.
    V
    そうこん【創痕】
    a scar. [= きずあと]

    創痕を残す leave a scar behind.

    Japanese-English dictionary > そうこん

  • 10 つめあと

    [爪痕, 爪跡] *scratch
    【C】ひっかいた跡.
    ¶→爪痕を残す (爪跡を残す)
    ¶その台風による~がまだ残っている
    There are still some signs of the damage caused by the typhoon.
    爪跡
    fingernail mark
    scratch
    scar
    ravages
    * * *
    つめあと【爪痕, 爪跡】
    *scratch
    〖C〗ひっかいた跡.
    ¶その台風による~がまだ残っている
    There are still some signs of the damage caused by the typhoon.
    * * *
    つめあと【爪跡】
    a scratch; a (finger)nail mark.

    ●戦争の爪跡がまだ残っている. There are still scars left from the war.

    Japanese-English dictionary > つめあと

  • 11 つめあと

    I
    つめあと【爪痕】
    (n) fingernail mark; scratch; scar; ravages
    II
    つめあと【爪跡】
    (n) fingernail mark; scratch; scar; ravages

    Japanese-English new dictionary (日本語 - 英語新しい辞書) > つめあと

  • 12 「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」

    「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」
    〔フィリップ・K・ディック作の SF 小説〕 The Three Stigmata of Palmer Eldritch.

    Japanese-English dictionary > 「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」

  • 13 三味線を爪弾く

    play a samisenwith one finger 指で弾く.
    (見出しへ戻る headword ⇒ 爪弾く)
    * * *
    play a samisenwith one finger 指で弾く.
    (見出しへ戻る headword ⇒ 爪弾く)

    Japanese-English dictionary > 三味線を爪弾く

  • 14 橋爪大三郎

    [はしづめだいさぶろう] Hashidzume Daisaburou (h)
    [はしづめだいざぶろう] Hashidzume Daizaburou (1948.10-) (h)

    Japanese proper name dictionary > 橋爪大三郎

  • 15 爪弾く

    つまびく【爪弾く】
    **pick
    |他|《米》(ギターなど)をつまびく, かき鳴らす

    pick a banjo バンジョーをつまびく.

    * * *
    つまびく【爪弾く】
    pluck 《the strings of a samisen with one's fingers (instead of with a plectrum)》; play 《the koto》 with one's fingers.

    ●ギターをつま弾く fingerpick a guitar.

    Japanese-English dictionary > 爪弾く

  • 16 ぼつぼつ三年波八年

    点点苔痕画三年,滔滔波浪学八载;锲而不舍,成才之道

    Japanese-Chinese Idioms Dictionary > ぼつぼつ三年波八年

  • 17 六三三四制

    ろくさんさんしせい【六三々四制】 (рокусансансисэй)
    «система 6—3—3—4» (система обучения: 6 лет — сё:гакко:, 3 года — тю:гакко:, 3 года — ко:то:-гакко:, 4 года — дайгаку).
    • Также 【六三三四制】.
    • Правка. Было: сёгакко:.

    Японско-русский словарь > 六三三四制

  • 18 三拍子

    さんびょうし【三拍子】(самбё:си)
    кн. три важнейших условия;

    三拍子そろった удовлетворяющий всем главным требованиям;

    金、学問、人格と三拍子揃っている иметь всё: деньги, образование и личные качества.

    Японско-русский словарь > 三拍子

  • 19

    あと【跡・迹】 (ато)
    1) след, отпечаток; перен. следы, признаки; (тж. 痕) шрам;

    血の跡 следы (пятна) крови;

    かまれた跡(痕) след (шрам) от укуса;

    進歩の跡 признаки прогресса;

    跡がつく оставить след;

    …の跡を止めない не носить никаких следов чего-л.;

    跡の絶つ а) стереть [самые] следы чего-л., бесследно уничтожить что-л.; б) исчезнуть без следа;

    その顔には苦痛の跡が表れていた на его лице лежала печать страданий;

    選挙違反は跡を断たない нарушениям избирательного закона нет конца;

    2) следы (чьи-л.);

    跡を晦ます заметать следы, скрываться;

    跡を辿る идти по следу;

    …の跡をつける выслеживать кого-л., вести слежку за кем-л.;

    警官に跡をつけさす навести полицию на след;

    跡を追う преследовать кого-л. [по пятам]; выслеживать (дичь);

    女の跡を追い回す бегать за женщинами;

    どこへ行くにもこの子が跡を追って困ります не знаю, что делать — куда ни пойду, этот ребёнок всюду бегает за мной;

    3) развалины, руины;
    4) прецедент;

    跡に倣う следовать прецеденту.

    Японско-русский словарь >

  • 20 三角同盟

    さんかくどうめい【三角同盟】(санкаку-до:мэй)
    тройственный союз.

    Японско-русский словарь > 三角同盟

Look at other dictionaries:

  • 爪牙 — 1.人的指甲和牙齒。 《呂氏春秋‧恃君》: “凡人之性, 爪牙不足以自守衛。” 《初學記》卷五引 晉 楊泉 《物理論》: “石, 氣之核也。 氣之生核, 猶人筋絡之生爪牙也。” 2.動物的尖爪和利牙。 《荀子‧勸學》: “螾無爪牙之利、筋骨之強, 上食埃土, 下飲黃泉, 用心一也。” 漢 桓寬 《鹽鐵論‧險固》: “虎兕所以能執熊羆, 服群獸者, 爪牙利而攫便也。” 唐 盧綸 《臘日觀咸寧王部曲娑勒擒豹歌》: “欻然扼顙批其頤, 爪牙委地涎淋灕。” 《西游記》第三四回: “虎鬥時,… …   Big Chineese Encyclopedy

  • — zhuă ㄓㄨㄚˇ zhăo ㄓㄠˇ 〔《廣韻》側絞切, 上巧, 莊。 〕 “ ”的被通假字。 “ ”的被通假字。 1.鳥獸的趾端有尖甲的腳。 亦指其尖利趾甲。 《周禮‧考工己‧梓人》: “凡攫閷援簭之類, 必深其爪, 出其目, 作其鱗之而。” 漢 應劭 《風俗通‧祀典‧畫虎》: “今人卒得惡悟, 燒虎皮飲之, 擊其爪, 亦能辟惡。” 唐 杜甫 《見王監兵馬使說近山有白黑二鷹》詩之二: “萬里寒空祇一日, 金眸玉爪不凡材。” 《飛龍全傳》第四回: “那黑雲下邊, 現出一隻斑斕黑虎,… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 一鱗一爪 — (一鱗一爪, 一鳞一爪) 謂龍在雲中, 時露一鱗一爪, 難於見其全貌。 清 王士禛 主張作詩貴含蓄, 忌淺露, 以此為喻。 趙執信 駁其說, 曰: “神龍者屈伸變化, 固無定體, 恍惚望見者, 第指其一鱗一爪, 而龍之首尾完好, 故宛然在也。”見 趙 所著《談龍錄》。 後用以喻事物的零星片段。 朱自清 《日常生活的詩》: “批評 陶 詩, 用的正是現代的語言, 一鱗一爪, 雖然不是全韻, 表現着 陶 詩給予現代的我們的影像。” 瞿秋白 《餓鄉紀程》八: “那經濟學問題, 哲學問題,… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 一鳞一爪 — (一鱗一爪, 一鳞一爪) 謂龍在雲中, 時露一鱗一爪, 難於見其全貌。 清 王士禛 主張作詩貴含蓄, 忌淺露, 以此為喻。 趙執信 駁其說, 曰: “神龍者屈伸變化, 固無定體, 恍惚望見者, 第指其一鱗一爪, 而龍之首尾完好, 故宛然在也。”見 趙 所著《談龍錄》。 後用以喻事物的零星片段。 朱自清 《日常生活的詩》: “批評 陶 詩, 用的正是現代的語言, 一鱗一爪, 雖然不是全韻, 表現着 陶 詩給予現代的我們的影像。” 瞿秋白 《餓鄉紀程》八: “那經濟學問題, 哲學問題,… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 雪泥鴻爪 — (雪泥鴻爪, 雪泥鸿爪) 鴻雁在雪地上走過時留下的腳印。 語本 宋 蘇軾 《和子由澠池懷舊》: “人生到處知何似?應似飛鴻踏雪泥。 泥上偶然留指爪, 鴻飛那復計東西?”後用“雪泥鴻爪”比喻事情過後遺留下的痕跡。 清 錢謙益 《耦耕堂詩序》: “吾兩人遊跡, 雪泥鴻爪, 已茫然如往劫事。” 清 陳康祺 《郎潛紀聞》卷十一: “ 澄懷園 無恙時, 二三儒臣, 儤直多暇, 各就園中寓廬, 移花種竹, 疊石疏泉, 隨意自命所居, 題之戶冊, 以誌雪泥鴻爪, 亦佳話也。” 丁以布… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 雪泥鸿爪 — (雪泥鴻爪, 雪泥鸿爪) 鴻雁在雪地上走過時留下的腳印。 語本 宋 蘇軾 《和子由澠池懷舊》: “人生到處知何似?應似飛鴻踏雪泥。 泥上偶然留指爪, 鴻飛那復計東西?”後用“雪泥鴻爪”比喻事情過後遺留下的痕跡。 清 錢謙益 《耦耕堂詩序》: “吾兩人遊跡, 雪泥鴻爪, 已茫然如往劫事。” 清 陳康祺 《郎潛紀聞》卷十一: “ 澄懷園 無恙時, 二三儒臣, 儤直多暇, 各就園中寓廬, 移花種竹, 疊石疏泉, 隨意自命所居, 題之戶冊, 以誌雪泥鴻爪, 亦佳話也。” 丁以布… …   Big Chineese Encyclopedy

  • .hack//Roots — Este artículo o sección necesita referencias que aparezcan en una publicación acreditada, como revistas especializadas, monografías, prensa diaria o páginas de Internet fidedignas. Puedes añadirlas así o avisar …   Wikipedia Español

  • .hack//Cell —   …   Wikipedia

  • Motoko Sasaki filmography — This page contains the filmography of the Japanese pink film actress Motoko Sasaki. Contents 1 Filmography 1.1 Films 1.1.1 1990s 1.1.2 2000s …   Wikipedia

  • — jiă ㄐ〡ㄚˇ 〔《廣韻》古狎切, 入狎, 見。 〕 1.植物某些部分的外層, 如種皮、花萼、果實外殼等。 《易‧解》: “雷雨作而百果草木皆甲坼。” 孫星衍 集解引 鄭玄 曰: “皮曰甲。” 南朝 宋 鮑照 《園葵賦》: “柔莩爰秀, 剛甲以解。” 北魏 賈思勰 《齊民要術‧大豆》: “﹝大豆﹞夏至後二十日尚可種, 戴甲而生, 不用深耕。” 明 徐光啟《農政全書》卷二八: “﹝蕪菁﹞秋初可種, 自破甲至結子, 皆可食。” 2.植物的新葉。 唐 杜甫 …   Big Chineese Encyclopedy

  • — gēn ㄍㄣ 〔《廣韻》古痕切, 平痕, 見。 〕 1.腳的後部。 漢 焦贛 《易林‧蹇之革》: “頭癢搔跟, 無益於疾。” 唐 韓愈 《陸渾山火和皇甫湜用其韻》: “斥棄輿馬背厥孫, 縮身潛喘拳肩跟。” 錢仲聯 集釋引 祝充 曰: “跟, 《說文》: ‘足踵也。 ’” 魯迅 《吶喊‧狂人日記》: “想起來, 我從頂上直冷到腳跟。” 2.穿着(鞋), 趿。 北齊 顏之推 《顏氏家訓‧勉學》: “駕長簷車, 跟高齒屐。” 王利器 集解: “ 黃 本及《少儀外傳》‘跟’作‘躡’。 …   Big Chineese Encyclopedy

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.