Translation: from japanese

ぬたうなぎ

  • 1 ぬたうなぎ

    ぬたうなぎ【沼田鰻】
    【魚】 〔ヌタウナギ科の海産魚〕 a species of hagfish; Eptatretus burgeri.

    Japanese-English dictionary > ぬたうなぎ

  • 2 ぬき

    [抜き] ¶→カフェイン抜きのコーヒー
    ¶→アルコール抜きのパーティー
    ¶朝食~で働くのは苦痛であった
    It was a hardship to work without breakfast.
    * * *
    ぬき【抜き】
    ¶朝食~で働くのは苦痛であった
    It was a hardship to work without breakfast.
    * * *
    I
    ぬき【抜き】
    1 〔中のものなどを抜くこと〕

    ●種抜きプルーン a pitted prune.

    2 〔省略すること〕

    ●朝飯抜きで without eating [having] breakfast

    ・寮費は昼食抜きで月 8 万円です. My dormitory room and board cost \80,000 a month not including lunch.

    ・エース抜きでは今日の試合は苦戦しそうだ. It's going to be a tough game today without our ace pitcher.

    ・この仕事は商売抜きでやらせてもらいます. We'll do the job for you on a non-profit basis.

    ●…を抜きにする 〔省く〕 leave [cut] out; omit; skip; 〔無しですます〕 do without…; dispense with…

    ・冗談は抜きにして joking apart; in all seriousness

    ・詳細は抜きにして結論だけ申し上げます. I will omit the details and come to the point at once.

    ・この旅行は交通費を抜きにしても 10 万円かかる. The trip will cost \100,000 without even taking fares into account.

    ・勝海舟を抜きにして明治維新は語れない. One can't discuss the Meiji Restoration without touching on Katsu Kaishū.

    ・堅苦しい挨拶(あいさつ)は抜きにしよう. Let's dispense with formalities.

    ●わさび抜きのすし sushi without wasabi

    ・アルコール抜きのパーティー a party at which drinks aren't served.

    ●さあさあ, 堅苦しいことは抜きだ. Don't think you have to stand on ceremony so much. Relax.

    3 〔追い越し・勝ち抜き〕

    ●5 人抜き beating five people in succession [a row].

    ●彼の 3 人抜きの活躍でわが校のチームが優勝した. His achievement in besting three competitors won the championship for our school.

    II
    ぬき【貫】
    【建】 a rail.
    III
    ぬき【緯】

    Japanese-English dictionary > ぬき

  • 3 抜き

    ぬき【抜き】
    ¶朝食~で働くのは苦痛であった
    It was a hardship to work without breakfast.
    * * *
    ぬき【抜き】
    1 〔中のものなどを抜くこと〕

    ●種抜きプルーン a pitted prune.

    2 〔省略すること〕

    ●朝飯抜きで without eating [having] breakfast

    ・寮費は昼食抜きで月 8 万円です. My dormitory room and board cost \80,000 a month not including lunch.

    ・エース抜きでは今日の試合は苦戦しそうだ. It's going to be a tough game today without our ace pitcher.

    ・この仕事は商売抜きでやらせてもらいます. We'll do the job for you on a non-profit basis.

    ●…を抜きにする 〔省く〕 leave [cut] out; omit; skip; 〔無しですます〕 do without…; dispense with…

    ・冗談は抜きにして joking apart; in all seriousness

    ・詳細は抜きにして結論だけ申し上げます. I will omit the details and come to the point at once.

    ・この旅行は交通費を抜きにしても 10 万円かかる. The trip will cost \100,000 without even taking fares into account.

    ・勝海舟を抜きにして明治維新は語れない. One can't discuss the Meiji Restoration without touching on Katsu Kaishū.

    ・堅苦しい挨拶(あいさつ)は抜きにしよう. Let's dispense with formalities.

    ●わさび抜きのすし sushi without wasabi

    ・アルコール抜きのパーティー a party at which drinks aren't served.

    ●さあさあ, 堅苦しいことは抜きだ. Don't think you have to stand on ceremony so much. Relax.

    3 〔追い越し・勝ち抜き〕

    ●5 人抜き beating five people in succession [a row].

    ●彼の 3 人抜きの活躍でわが校のチームが優勝した. His achievement in besting three competitors won the championship for our school.

    Japanese-English dictionary > 抜き

Look at other dictionaries:

  • ぬたうなぎ — ぬたうなぎ【沼田鰻】 メクラウナギ目の海魚。 全長約60センチメートル。 体形はウナギに似るが, 目の後方に六, 七対の鰓孔(エラアナ)がある。 体表は粘液におおわれる。 夜行性で目は退化し, 外からは見えにくい。 体色は黒褐色。 食用。 本州中部以南の沿岸に分布。 イソメクラ。 ベト。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • きぬた — I きぬた【砧】 (1)〔「きぬいた(衣板)」の転〕 麻・楮(コウゾ)・葛(クズ)などで織った布や絹を槌(ツチ)で打って柔らかくし, つやを出すのに用いる木または石の台。 また, それを打つことや打つ音。 ﹝季﹞秋。 《声澄みて北斗に響く~かな/芭蕉》 (2)「砧拍子」の略。 II きぬた【砧】 (1)能の一。 四番目物。 世阿弥(ゼアミ)作。 長年帰国しない夫の無情を恨んで死んだ妻が, 帰国した夫の前に亡霊となって現れる。 (2)地歌・箏曲で,… …   Japanese explanatory dictionaries

  • なぎょうへんかくかつよう — なぎょうへんかくかつよう【ナ行変格活用】 文語動詞の活用形式の一。 語尾が「な・に・ぬ・ぬる・ぬれ・ね」と活用するもので, 「死ぬ」「往(イ)ぬ」の二語がある。 ナ行変格。 ナ変。 〔口語では, 「死ぬ」はナ行五段活用になり, 「往ぬ」は用いられなくなった〕 …   Japanese explanatory dictionaries

  • きぬたまき — きぬたまき【砧巻(き)】 かつらむきにした大根やきゅうり, 薄焼き卵などで海老や鶏肉などを巻いた料理。 ç §{(1)}をかたどったことから。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • うなる — うなる【唸る】 〔擬声語「う」に「鳴る」が付いてできた語〕 (1)獣が威嚇するような, 低い声を発する。 「犬が~・る」 (2)人が苦しくて, 言葉にならない低い声を出す。 うめく。 「病人が~・る」「試験問題がむずかしくて~・る」 (3)立派さや豪華さに感嘆の声を発する。 「大向こうを~・らせる名演技」「あまりの豪華さに~・ってしまった」 (4)(浪曲などを)力を入れて語る。 「一節(ヒトフシ)~・る」 (5)にぶく低い音が長く尾を引くように鳴る。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • きぬたびょうし — きぬたびょうし【砧拍子】 歌舞伎囃子(ハヤシ)の一。 砧の音に擬したもの。 田舎の場面などに用いる。 きぬた。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • たなぎらう — たなぎらう【棚霧らふ】 〔動詞「たなぎる」の未然形に継続の助動詞「ふ」が付いたもの〕 あたり一面に霧がかかる。 「~ひ雪も降らぬか梅の花/万葉 1642」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • うちぎぬ — うちぎぬ【打ち衣】 ç §(キヌタ)で打って光沢を出した衣。 装束着用のとき, 女性は表衣の下, 袿(ウチキ)の上に, 男性は直衣(ノウシ)・狩衣(カリギヌ)の下に着る。 のちには板引きで光沢を出すようになった。 色は多く紅か濃赤紫色。 打ち衣(ギ)。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • うちぎき — うちぎき【打ち聞き】 (1)ちょっと耳にはいった言葉。 ふと聞いた話。 「深きすぢ思ひ得ぬ程の~には/源氏(常夏)」 (2)ちょっと聞いたことを書きとめたもの。 「人といひかはしたる歌の聞えて, ~などに書き入れらるる/枕草子276」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • きゅうそうしき — きゅうそうしき【旧相識】 昔からの知り合い。 昔なじみ。 旧知。 「この人は想ふにたがはぬ~にて/即興詩人(鴎外)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • たんでき — I たんでき【耽溺】 小説。 岩野泡鳴作。 1909年(明治42)発表。 作者が体験した田舎芸者との耽溺生活を主観的に描写。 初期自然主義文学の代表作。 II たんでき【耽溺・酖溺】 一つのことに夢中になってほかを顧みないこと。 多くよくないことに熱中することにいう。 「酒色に~する」「放逸遊惰に~せる懦弱(ダジヤク)の輩(ヤカラ)では御座らぬか/自由太刀余波鋭鋒(逍遥)」 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.