Translation: from english to japanese

from japanese to english

なんもん

  • 1 able

    ゆうい 有為
    * * *
    /éibl/ 〔「すぐ使える状態にしておく」→「能力がある」. cf. ⇒ habit 〕〈派〉ability(名), enable(動)
    〖形〗
    1 (better ~, best ~; more型)《◆1では more型, 2では better型が普通》 [叙述] [S is ~ to do]〈人が〉(現実に)…することができる, …する能力がある(⇔unable)

    He is ~ to speak ten languages. 彼は10の言語を話せる(=He has the ability to speak … )《◆He is capable of speaking … ではそのような能力を秘めていることに重点がある; He can speak … では両者の意味を合せ持つ》

    “Is the baby ~ to walk?”“Yes, he's ~ to already. ”「その赤ん坊は歩けますか」「ええ, もう歩けます」《◆文脈上明らかな場合, do, to doの省略可能: She will come if she is ~. 》

    You're better [more] ~ to do it than I am. それは君の方が私よりうまくできるね《◆原級を強めるときはwell, very, quiteを用いる: She is well [xmuch] ~ to read. 彼女は十分字が読める》

    She wasn't ~ to open the bottle. 彼女はびんを開けることができなかった(=She could not … )《◆その時たまたまできなかったことをさす; capable of doingは永続的能力をいう》.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) [can [could]との比較] a) 現在時制ではcanの方が一般的. b) 未来時制ではwill [shall] be able to, またはcan( ⇒ can1〖助〗 1 ◇[語法] ). c) 過去時制では, couldは「…する能力があった」だけであるのに対し, was [were] able toはこの意味に加えて「…する能力があり, かつ実際に行なった」ことも表すことができる( ⇒ could 2 ◇[語法] ): Yesterday her father was ~ to swim across the river. 昨日彼女の父は川を泳いで渡ることができた(実際に遂行した)/Her father could[was able to]swim well when he was young. 彼女の父は若い頃泳ぎが達者だった(永続的能力). 否定文では両者の区別はない: Yesterday her father wasn't able to [couldn't] swim across the river. (泳いで渡れなかった). d) 受身ではcanが普通: The door could not [xwas not able to] be opened.
    (2) 通例Sは〈人〉であるが次のような例も可能: the rules which are able to generate grammatical sentences 文法的な文を生成できる規則.
    -------------
    2 (a・bler, a・blest; more型)〈人が〉有能な; [通例限定]〈 行為などが〉有能ぶりを示す《◆(1)やや堅い語なのでcompetent, goodなどを用いるのが普通. (2)強める時はvery, extremelyを用いる》

    an ~ child [teacher] 有能な子供[教師](=a child [teacher] of ability)

    an ~ speech 才気あふれる演説.

    English-Japanese dictionary > able

  • 2 about

    そこそこ
    ついて
    アバウト
    かんして 関して
    おおよそ 大凡
    まつわる 纏わる
    およそ 凡そ
    * * *
    /əbáut/ 〔「(漠然と)付近に, まわりに」→「約, およそ」〕
    〖前〗
    1 [位置・運動]
    a [円周]((主に英正式))…のまわりに, …の周囲に[を, の]; …を取り巻いて《◆今日では(a)roundが普通, 必ずしも「完全に取り囲んで」を意味せず, bとの区別が明確でない場合も多い》

    There is a fence ~ the house. 家のまわりには囲いがしてある

    They gathered ~ the fireplace. 彼らは暖炉のまわりに集まった.

    b [周辺]((主に英・米正式))…の近くに, …のあたりに[を, で]; [移動・分散の動詞と共に] …のあちこちに[を, で], …のほうぼうに[を, で](((米)) around)

    wander ~ [around] the town (目的もなく)町をぶらつく《◆(a)roundは目的がある場合にも用いる: walk around the town 町をあちこち見て歩く》.

    2 [携帯・付随]
    a [携帯]((主に英正式))(金銭・財布などを)〈人〉の身につけて, 〈人〉が持って《◆かさのようなやや大きな物の場合はwith》

    I have no money ~ [on, with] me. お金を(今)持っていない《◆この例では通例onを用いる; ((米))ではaboutは用いない》.

    b [付随] [通例there is構文で]〈人〉の身辺に, 〈物・事〉には《◆漠然と周囲に漂う気配・様子などを表す》

    There is something ~ him that I don't like. 彼にはどこか好きになれないところがある.

    3 [関連]…について, …に関して, …に関する

    She wrote a book ~ [on] animals. 彼女は動物に関する本を書いた《◆aboutは通例一般的な内容を扱った本について用いる; onは対象を限定するので通例aboutよりも専門的で高度な内容を含む》

    What are you going to do ~ it? 一体どうするつもりなんだ《◆相手のミスをとがめる際に用いる》

    He spoke ~ [of] his new car. 彼は買った新車の話をした《◆通例aboutは詳しく(長く)話した場合, ofは軽くふれた場合に用いる》

    What are you talking ~? (相手の無責任な発言に対して)一体何を言っているんだ

    What is the letter ~? その手紙には何て書いてあるの

    It's sad [unfortunate] ~ Mr. Smith, isn't it? スミスさんはお気の毒でしたね《◆It's sad that Mr. Smith died. などの遠回し表現》.

    ◇[語法]「…に関して」の意では最も一般的な語で, of, withなどの領域を侵しつつある: complain about [of]/be concerned about[with].
    4 [概略] およそ, 約, …ぐらい, …ごろ(around)《◆副詞とも考えられる; ⇒ 〖副〗2 》

    The rope is ~ 20 feet long. そのロープは長さ約20フィートです《◆端(は)数の前では用いない: xabout 20. 45》

    It's ~ ten o'clock. 10時ごろだ.

    5 [S is ~ O]〈人が〉O〈 仕事など〉 に従事している

    What is he ~? 彼は何をしているのですか(=What is he doing?)

    Be quick ~ it! それを早くしろ, ぐずぐずするな

    Go and take him home, and while you're ~ it (you can) mail this letter. 彼を迎えに行って, ついでにこの手紙をポストに入れておいて.

    6 [S is (just) ~ to do]〈人・事が〉(まさに)…しようとしている, …するところである(be just going to do)《◆この about は〖形〗とも考えられる》

    Something terrible is (just) ~ to happen. 何か恐ろしいことが今にも起ろうとしている

    I was just ~ to go out when the phone rang. 外出しようとしていると電話が鳴った(結局その時外出できなかった)《◆過去時制では通例, 行為の中断・不首尾をいう文脈で用いられる》.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) be going toよりも差し迫った未来を表し, 通例未来を表す副詞(句)を伴わない.
    (2) ((米略式))ではI'm just ~ going. のように動名詞を用いることがある.
    (3) ((米略式))では否定構文で用いて強い意志・決意を表す: I'm nót about́ to pay 150 dollars for a dress like that. そんなドレスを150ドルも払って買う気はない.
    -------------
    〖副〗
    1 ((主に英))
    a まわりに, 周囲に[を]; 周囲が(…ある)

    look ~ 周囲を見回す《◆比較: Can I look around?((店で))見て回ってもいいですか》

    The lake is ten miles ~. その湖は周囲10マイルだ.

    b 近くに, あたりに[を]; あちこちに[へ, を], ほうぼうに

    walk ~ 歩き回る

    Books were lying ~ in the room. 部屋には本が散らかっていた

    There was no one ~. あたりにはだれもいなかった.

    2 およそ, 約…, …ぐらい(⇔just); ((略式))[しばしばjust ~で, 名詞・形容詞・副詞・動詞を修飾して] ほとんど(almost)《◆意味を和らげたり, また反語的に強調したりする》

    He will arrive there (at) ~ five o'clock. 彼はそこに5時ごろ着くでしょう《◆atを用いるのは冗語的とする非難もあるが, 普通によく用いる》

    This tree is ~ as high [the same height] as that one. この木はあの木とほぼ同じ高さだ

    That's ~ (the size of) it. まあそんなところだ[ものだ]

    I've had just ~ enough. もう十分いただきました《◆控えめに言って逆に意味を強めたり, 時には皮肉を表す》

    It's ~ time you got up. もう起きていいころだよ

    We've just ~ finished the shopping. 買い物はほぼ終りました

    That seems ~ right to me. そんなもんでしょう《◆相手の発言に対して冷たい反応を示す》.

    3 ぐるりと回って, 転回して; 向きを変えて, 反対の方向に[へ]; 回り道をして; 〔海事〕上手(うわて)回しに

    the other [wrong] way ~ 反対に, あべこべに

    Aabout̀ fáce [((英)) túrn]!〔米軍〕((号令))回れ右!

    The ship turned ~. 船はぐるりと向きを変えた.

    4 [be ~]〈人が〉(病後などに起きて)動き回って[活動して, 働いて]いる; 〈 病気が〉はやっている; 〈 うわさなどが〉広まっている《◆形容詞とも考えられる》

    be úp and about́ (病床・寝床から)起きて動き回っている[働いている]

    be (out and) ~ (病後などに)仕事ができるようになる, 仕事をしている

    Measles is ~. はしかが流行している.

    5 ((主に英))[通例turnと共に] 交互に, 順番に

    take turns (~) 順番にする

    turn (and turn) ~ 順ぐりに, 交互に

    (month and) month ~ 1か月おきに《◆every other monthが普通》.

    ▼ (it's) about O
    (話題を切り出して)…についてですが

    It's ~ the book I lent you, have you finished it? 君に貸した本のことだけどもう読みましたか.

    ▼ That's (just) about it [all].
    ((略式))[話のしめくくりで]まあそんなところだ; [仕事が終って]これでよし.

    English-Japanese dictionary > about

  • 3 absurd

    バカバカしい
    もってのほか 以ての外
    ばかげた 馬鹿げた
    むちゃ 無茶
    めちゃくちゃ 目茶苦茶
    めちゃめちゃ 目茶目茶
    ばからしい 馬鹿らしい
    べらぼう 箆棒
    とてつもない 途轍も無い
    かたはらいたい 片腹痛い
    めっぽう 滅法
    * * *
    /əbsə́ː(r)d, -zə́ː(r)d/ 〖形〗(or ((まれ))-er型)常識に反した, 理性[理屈]に反する, 不条理な; (理屈に合わず)馬鹿げた, おかしな, こっけいな(cf. ⇒ ridiculous )

    It is ~ of [xfor] you to say such a thing. そんなことを言うなんてどうかしてますよ

    It is ~ to [that you] water the plants on a rainy day. 雨の日に植木に水をやるのはばかげている.

    〖名〗[the ~][単数扱い]不合理[不条理]なもの[こと], ばかばかしさ.

    English-Japanese dictionary > absurd

  • 4 accessory

    アクセサリー
    つきもの 付き物
    ふぞくひん 付属品
    * * *
    /əksés(ə)ri, æk-, ik-, ((米+)) ek-/ 〖名〗〖C〗
    1 [通例~ies] (衣類・車などの)付属品, 装飾品, アクセサリー《◆衣類の場合, 帽子・かばん・手袋なども含まれる; 日本語の「アクセサリー」はjewelryに近い》; 〔法〕従物.
    2 〔法〕〔犯罪の〕共犯(者)(((主に英)) accessary)〔to〕

    an ~ before [after] the fact 事前[事後]共犯.

    3 〔コンピュータ〕アクセサリー《電卓・カレンダーなどのユーティリティー-ソフト》.
    〖形〗付属の, 副次的な; 〔法〕〔犯罪の〕従犯の, 幇助(ほうじょ)の(((主に英)) accessary)〔to〕.

    English-Japanese dictionary > accessory

  • 5 actually

    げんに 現に
    * * *
    /ǽk(t)ʃu(ə)li, ǽk(t)ʃəli/ 〔 ⇒ actual 〕
    〖副〗
    1 [強調; 文中位で] (予想と違って) 現実に, 実際に; ((略式))(意外なことに; 外見と違って)事実, 本当に (◇[類] really, in fact)

    He actuallỳ┊isn't the manager of the hotel. 彼は(名目上はともかく)実際はそのホテルの支配人ではない(=The actual fact is that he isn't the manager … )

    He is actuallý not the manager. 彼が支配人だというのは事実でない(=It's not an actual fact that he is the manager. )

    He looks like a fool, but ~ he is not. 彼はばかに見えるが実はそうではない.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 特に若い女性の間で単なる強意語として/ǽkʃ(ə)li/と発音されることも多い: Don't actuallý hate him for it. そのことで彼のことを悪く思わないでね.
    (2) 名詞を前位修飾する形容詞を修飾するのは不可: xShe's an ~ pretty girl. / She's ~ pretty.
    -------------
    2 [文修飾]((主に英略式))
    a [遠回しに意見を述べるとき, 特に相手の発言を訂正[に反対]して; 通例文頭・文尾で] (意外と思うでしょうが) ほんとうのところは

    “They should have arrived there by now. ”“A~()”「彼らはもうそちらに着いているはずだが」「それがなんとまだなんですよ」.

    b [注意を引くため, 特に新情報を与えたり, 話題を変えるとき; 通例文頭・文尾で] 実は, 実のところ

    “What do you do, by the way?”“I'm in electronics()”「ところでお仕事は?」「電子工学関係なんですよ, 実は」.

    c [謝罪で] 実は(ですね)

    “How did you get on with my car?”“Well, ~, I'm terribly sorry, I'm afraid I had a crash. ”「ぼくの車どうしたんだい?」「あのう, 実はですね, 非常に悪いんだけど, ぶつけてしまったんだ」.

    3 [文修飾] (新しい話題を持ち出して)ところで(by the way).
    4 ((まれ))現に, 現在

    the political party ~ in office 現在政権を握っている政党.

    English-Japanese dictionary > actually

  • 6 after

    アフター
    あと 後
    * * *
    /ǽftə(r)│ɑ́ːftə/ 〔元来は時間・場所の前後関係を示したが, 今日では「…のあとで」という時間の用法に限られている. これが論理的判断と結びつき, 結果の意が生じた( ⇒ 3 ). また元は場所的背後を示したことから, 離れないでついていくという追求の意が生じた( ⇒ 4 , ⇒ 5 )〕
    〖前〗
    1 [時間] …のあとに[で]; …過ぎに(past); [~ doing] …したあとに[で](⇔before)《◆直後のこともあればそうでないこともある》

    the day ~ tomorrow 明後日

    the week ~ next 再来週

    ~ May 1 5月1日以降《◆法律上など厳密には1日を含まない. 当日を含める時は, on and ~ May 1とする》

    straight after … …のすぐ後

    ten ~ [((英)) past] five 5時10分

    I met him ~ a week. 1週間後に彼に会った《◆比較: I met him a week after[a week later]. それから1週間して彼に会った( ⇒ 〖副〗 ); I'll meet him in a week. (現在を起点として未来を言う時)》

    She came back (xin) ten minutes ~ the burst. 爆発の10分後に彼女は帰って来た《◆時間の開きを示す数値はafterの直前に置く( ⇒ 〖接〗第1例 )》

    A~ read ing [hav ing read] his letter, I hurried to his home. 彼の手紙を読んでから急いで彼の家へ行った《◆完了形の方は強調的で「…してしまってから」を含意する》.

    2 [順序・順位]
    a …のあとに[で]; …の次に, …に次いで

    Repeat this sentence ~ me. 私のあとについてこの文を繰り返しなさい

    A~ you with the salt. ((食卓で))(塩を)どうぞ先にお使いください

    She lives in the house ~ the church. ((ややまれ))彼女は教会の先の家に住んでいる《◆「通り過ぎた先の」という時間的観念を強調する言い方; 普通には位置関係を示すpast, behindなどを用いる》

    A~ Hardy, Dickens is my favorite writer. ハーディに次いでディケンズが私の好きな作家だ

    She closed the door ~ her. 彼女は入って[出て]からドアを閉めた《◆afterでは「入った[出た]あとで」という時間的順序を示すが, 代りにbehindだと「人の背後にあるドアを」という位置関係を示す》.

    b [名詞を繰り返して]《◆反復・継続を表す; 主語の場合は単数扱い》

    time ~ time 何度も何度も

    day ~ day 来る日も来る日も( ⇒ day成句 )《◆afterでは同じ行為・状態の継続が, byでは事態の変化が含意される; wéek ~ wéek, yéar ~ yéarも同様》

    read óne letter ~ anóther 手紙を次々に読む( ⇒ one〖代〗成句 )

    have mèeting ~ méeting 次々に会議を開く.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 繰り返される名詞は無冠詞.
    (2) time, dayなどの「時」を表す対句は副詞句として用いられる. 最後の例は名詞句で, このような名詞句を副詞的に用いるには前置詞が必要: arrive late at meeting ~ meeting 会議のたびに遅れて来る.
    -------------
    3
    a [因果関係] …のあとだから, …したのだから, …の結果

    A~ that remark, I will never speak to you again. あんなふうに言ったのだから君とは2度と口をきかないよ.

    b [逆の結果] [通例~ all … ] (せっかく・いろいろと)…したのに, …にもかかわらず

    À~ áll his efforts, he still failed to pass the examination. 努力したにもかかわらず, 彼は依然として試験にパスしなかった.

    4 [目的・追求]〈 仕事など〉を求めて, 〈 犯人など〉 を追って, …をねらって; 〈 名声など〉を追い求めて

    seek [hanker, hunger, yearn] ~ [for] fame 名声を追い求める《◆今はforが普通》

    run ~ the thief 泥棒を追う

    shout ~ him 彼の後ろから大声で叫ぶ

    She is afteŕ a better job. 彼女はもっとよい仕事を探している.

    5 [模倣・順応] …にならって, …をまねて, …風の, …流儀の; …にちなんで, …に従って[応じて]

    a picture ~ (the style of) Rubens ルーベンス風の絵画

    I was named Tom ~ [((米)) for] my uncle. 私はおじの名をとってトムと名づけられた

    He is a man ~ my own heart. 彼は私の望み通りの人物だ.

    6 [特定の動詞・名詞と結合して] …について

    ask [inquire] ~ his health 彼の体の具合を尋ねる.

    ▼ *after all
    [副]
    (1) / -́-̀/[通例コンマなしで文尾で] (意図・予想・計画などに反して) 結局《◆「最後に, 終りにあたって」の意味で用いることはできない; ⇒ finally 》

    I thought he was going to fail the exam, but he passed afteŕ àll. () とうとう[やっぱり]彼女は来なかった( ⇒ at LAST ).

    ▼ * after you.
    ((乗物の乗降, 部屋の出入り, コーヒーに砂糖を入れる順序などで)) どうぞお先に《◆(1) 通例 pleaseはつけない. (2) Go ahead. や Why don't you go ahead? より丁寧》.
    (あなたの)後に…を使わせてください

    A~ you with the salt. ((食卓で))(あなたの)次に塩をまわしてください.

    ((アイル))
    (1) …しようとしている.
    (2) …したばかりである.
    〖副〗あとに[で], のちに

    three days ~ (未来のある時点から)その3日後に( ⇒ 〖前〗1 )《◆(1)過去の具体的な期間の場合は((正式))ではthree days later [afterward]が普通. (2)「3日したら東京に行く」はI'll go to Tokyo three days from now. といい, 現時点からはafterやlaterは不可》

    soon ~ すぐあとに《◆soon afterwardが普通》

    the day ~ その翌日に《◆the following [next] dayの方が普通》

    follow ~ ついて行く

    look before and ~ 前後を見る; あと先を考える.

    -------------
    ◇[語法]単に「あとで, のちほど」の意ではafter((略式))よりlater, afterward, (and) then, (and) after thatが普通: She came home later [afterward]. (その)あとで彼女は帰宅した. afterを用いる場合は前にimmediately, just, soon, shortly, not longなどを伴うのが普通.
    -------------
    ▼ ever after
    ⇒ ever .
    〖接〗[因果関係]…したあとに[で]

    I came back five days [soon, shortly] ~ he left Tokyo. 彼が東京をたって5日後に[すぐ]私は帰ってきた( ⇒ 〖前〗1最終例と注 )

    I will go out ~ I finish [have finished] my homework. 宿題を終えたら出かけます《◆x… ~ I will finish [will have finished] … 》

    He arrived ~ you (had) left. 君が帰ったあとで彼が到着した

    A~ you finish the paper, please. 新聞をお読みになったら私に回してください.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 時の前後関係が明白なので, after節では現在完了形・過去完了形の代りに現在形・過去形がしばしば用いられる( ⇒ 第2例 ).
    (2) 形容詞節を導くことがある: On the day ~ I started, my car got a flat tire. 出発した翌日車がパンクした.
    -------------
    ⇒ =AFTER all .
    〖形〗[限定]
    1 のちの, あとの

    in ~ years 後年に.

    2 〔海事・航空〕船尾[尾翼]に近い; 後部の(rear)

    the ~ cabin 後部客室.

    English-Japanese dictionary > after

  • 7 agony

    くつう 苦痛
    じゅなん 受難
    はんもん 煩悶
    * * *
    /ǽɡ(ə)ni/ 〖名〗〖U〗〖C〗((正式))
    1 (通例長く続く肉体的・精神的な)激しい苦痛(pain)

    lie in ~ 横になって苦しみもだえる

    the ~ of a severe toothache 激しい歯痛の苦しみ.

    2 [時に~ies] 死の苦しみ; [the A~] 受難前のキリストの苦しみ

    the ~ies of death = mortal (death) ~ 死にぎわの苦しみ.

    3 奮闘[苦闘](すること).
    4 (感情の)激発, きわみ.
    ▼ pile [put, turn] on the agony
    ((英略式)) (同情を引くため)悲痛なことを大げさに言う; 誇張して言う.
    (同情を引くために)苦痛を長引かせる.

    English-Japanese dictionary > agony

  • 8 all

    すっかり
    そっくり
    いっさい 一切
    みな 皆
    かくはん 各般
    あげて 挙げて
    こぞって 挙って
    ぜん 全
    ぜんぶ 全部
    ひゃくじ 百事
    ひゃっぱん 百般
    なめて 並めて
    ばんじ 万事
    ばんたん 万端
    あらんかぎり 有らん限り
    あらゆる 凡ゆる
    すべて 凡て
    のこらず 残らず < not all>
    かならずしも 必ずしも
    * * *
    /ɔ́ːl, ((米+))ɑ́ːl/
    〖形〗
    1 [しばしば定冠詞・所有格・指示形容詞・基数などの前で] 全部の, 全体の, すべての, 全….
    a [単数名詞を修飾]

    ~ the [one's] money 有り金全部(cf. ⇒ whole〖形〗1◇[語法] )

    ~ (the) morning [night] 午前中[夜通し]ずっと

    ~ (the) week [winter, year] 1週間[一冬, 1年]中《◆every week [winter, year] は毎週[冬, 年]》

    walk ~ the way ずっと歩く

    This flower has a scent ~ its own. この花は独特の香りがする

    Where have you been ~ this time? 今までずっとどこにいたの

    A~ the world desires [xdesire] peace. 世界中(の人)が平和を望んでいる

    A~ New York welcomed the President. ニューヨーク中(の人々)が大統領を歓迎した.

    b [複数名詞を修飾]

    ~ men and women すべての男女

    ~ my [xmy ~] friends 私の友人全部

    ~ kinds [sorts, ((正式)) manner] of books in a library 図書館のあらゆる種類の本

    on ~ sides = in ~ directions 四方八方に

    A~ the villages were beautiful. すべての村が美しかった《◆A~ the village was … では「村じゅうが」の意》.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 「1日中」はall day (long), ((主に文)) all the day long, ((主に英)) all the day.
    (2) all the minute [decade] の連語ではtheの省略不可. hour, centuryではthe whole hour [century]が普通, all the week [day, morning]は否定文ではtheが省略される: He didn't go out all week. 彼はこの1週間外に出なかった.
    (3) [ allとall of] 人称代名詞が続く場合はofの省略不可( ⇒ 〖代〗 ): xall them [us]/ all of them [us]. 単数名詞がくる場合, ((米))ではofを用いる方が好まれる: all (of) the way. 限定詞を伴う複数名詞・〖U〗名詞がくる場合はofは選択的: all (of) the stories/all (of) his friends. 複数名詞が非限定の場合はofは不要: all (xof) stories/all (xof) whiskey.
    (4)2つのものにはboth: buy both [xall two] shirts 2着のシャツを両方買う.
    -------------
    2 [〖U〗名詞を修飾して] いかなる, あらゆる, できる限りの

    beyond ~ doubt 何の疑いの余地もなく

    in ~ haste 大急ぎで

    with ~ one's might 全力を出して

    with ~ speed 全速力で.

    3 …に満ちた, …だけの, すっかり…《◆主に次の句で》

    be ~ ears [eyes] 熱心に聴く[見る]

    be ~ fire and energy 全身火と燃え気力が溢れている

    be ~ kindness 親切そのものだ(=be kindness itself)

    be ~ skin and bones 骨と皮ばかりにやせている

    be ~ thumbs((略式))不器用である

    He was ~ smiles [apologies]. 彼は満面に笑みをたたえていた[おわびばかりしていた].

    4 [not ~… ] すべてが(…とは限らない)

    Not ~ children like apples. () 彼女は必ずしもすべての質問に答えたわけではない.

    -------------
    ◇[語法] [ 部分否定] (1) A~ children do nót like apples. () 世界中の金をもってしても彼女を幸せにできない.
    -------------
    ▼ * after all O
    ⇒ after〖前〗3b .
    ▼ *for all O
    《◆Oの代りに(that)節を伴うこともある. この場合allは〖代〗》
    (1) …にもかかわらず(in spite of, despite); …であるけれども

    for ~ that それにもかかわらず

    For ~ (that) she was a heavy woman, she danced well. 彼女は体重が重たかったが上手に踊った.

    (2) [否定的に] …に関する限り; ほとんど…ないから

    for ~ I care[know] ⇒ care〖動〗成句 .

    ▼ of all (the) O
    ((略式))数ある…の中で[の], (人, 事, 所, 時)もあろうに, よりによって《◆驚き・困惑のあまり絶句する場合が多い》

    Of ~ the silly ideas! ばかげた考えにもほどがある

    Of ~ places to meet you! よりによってこんな所で君に会うなんて

    I caught cold on Christmas Day of ~ days. こともあろうにクリスマスの日にかぜをひいた.

    ▼ with all O
    ⇒ with10b , ⇒ 15 .
    〖代〗
    1 [単数扱い] [通例of句を伴って](全体的に)すべての物[事], いっさい, 万事; (物・時などの)全体, 全部; 最も大切なもの; [関係節を伴って] 唯一の物[事]

    spend ~ of the money [time] 金[時間]を全部使う

    We were very happy before the war, but now ~ is lost. 私たちは戦争前までは幸せだったが, 今はすべてが失われた《◆(1)このようにallを単独で用いるのは特定の表現を除いて((今はまれ)). (2)このallを受ける代名詞はit》

    A~ (of) the town was destroyed by a fire. 町は火事で全焼した《◆「~ (of) the+単数名詞」については ⇒ 〖形〗1◇[語法](3) 》

    A~ that is heard is the sound of waves. 聞えるのは波の音だけだ(=I hear only the sound of waves. )

    You're ~ I need. あなたは私の最も大切な人だ

    All's well that ends well. ((ことわざ))「終りよければすべてよし」

    A~ you have to do is (to) do your best. 君は最善を尽しさえすればよい(=You only have to do your best. )《◆(1) toを省くのは, 一部の例外(→(2))を除いて, is/wasの前にdo/didがくる場合に限る. (2) doneの後では過去分詞も可: A~ you've done is spoiled [(to) spoil]the whole thing. 君のしたことはすべてを台無しにしただけだ. (3) doingの後ではspoiling(現在分詞)のみ可: A~ you're doing is spoiling [x(to) spoil] the whole thing. 君の今していることはすべてを台無しにしているだけだ》

    It was ~ he could do not to laugh. ((略式))彼は笑いをこらえるのが精一杯だった(=A~ he could do was not (to) laugh).

    2 [複数扱い] (複数のもの)全部; ((正式))[通例関係節を伴って] あらゆる人

    A~ were quiet in the room. その部屋ではみんな静かだった《◆A~ was quiet … のように単数扱いはまれであるが, その場合は「その部屋の中は静まりかえっていた」; ⇒ 1 》

    A~ of the students were late. 学生全員が遅刻した

    I can read them ~ [~ of them]. それら全部を読むことができる《◆名詞が目的語の時はxI read the books ~. は不可. I read ~ (of) the books. という》

    You are ~ [xAll you are, xYou all are] diligent. = A~ of you are diligent. 君たちはみんな勤勉だ《◆いずれのallもyouと同格》

    They ~ [xAll they] went there. 彼らはみなそこへ行った(=A~ of them went there. ).

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 以上2例のall of … 以外の文で示されているように, allは通例be動詞・助動詞の後, 一般動詞の前に置く. 助動詞が2つ以上の場合は最初の助動詞の後に置く. ただし省略された応答文ではallはbe動詞・助動詞の前に置く: “Have you finished?”“Yes, we ~ have. ”「皆さん終りましたか」「ええ皆終りました」.
    (2) 特定のもののすべてをさす場合allを単独で目的語に用いるのは不可: There are some nice cars parked outside. I like ~ of them [them ~]. 外に何台かいい車が止めてある. 私はどれも好きです《◆xI like all. 》.
    (3)all of the + 集合名詞では単数・複数扱い: A~ of the class is [are]restless today. クラスの全員が今日は落ち着きがない《◆一般((米))では単数扱いが好まれる》.
    -------------
    ▼ above all (things)
    ⇒ above〖前〗 .
    ▼ after all
    ⇒ after〖前〗 .
    ((主に略式))うまくゆけば, 望むらくは.
    ▼ all but …
    …のほかはみな

    A~ but she [((略式)) her] answered the question. 彼女のほかはみなその問題に答えた

    A~ but one boat were sunk. 1隻を除いてボートは全部沈んだ.

    [副] [通例形容詞の前に置いて] ほとんど(almost)

    It is ~ but impossible. それはほとんど不可能だ

    He is ~ but dead. 彼は死んだも同然だ.

    ◇[語法]動詞の前に置くこともある: Mary ~ but wept when she heard the sad news. 悲報を聞いてメリーは涙をこぼしそうになった.
    ▼ all in all
    [副]
    (1) ((略式))[通例文頭・時に文尾で](全てのことを考え合せて, 結論として)大体, 概して(on balance, all things considered)

    A~ in ~, this was a nice party. まあ, 今日のはいいパーティーだった.

    (2) 合計[全体]で.
    (3) 完全に.
    [名]((正式))〔…にとって〕最も大切な物[人]〔to〕

    Love is ~ in ~ to her. 彼女にとって愛はかけがえのないものだ.

    ▼ all is lost.
    (1) ⇒ 1 .
    (2) 万事休すだ, もう打つ手がない.
    ▼ all of …
    (1) ⇒ 〖形〗1 ◇[語法] (3) .
    (2) ⇒ 〖代〗1 , ⇒ 2 .
    [副](1) ((略式))[数詞を伴って] たっぷり, 十分…(fully), 少なくとも《◆しばしば驚きを表す》

    study ~ of three hours たっぷり3時間も勉強する.

    (2) [~ of a+動詞派生名詞] まったく…

    ~ of a tremble ぶるぶる震えて

    ~ of a sudden まったく突然.

    (1) 全部か無か.
    (2) 大事な所.
    [副]((略式))心ゆくまで(((やや正式)) to one's heart's content).
    ▼ and all
    ((略式))
    (1) [無冠詞の名詞の後で] すっかり, …ごと

    He jumped into the water clothes and ~. 彼は服ごと水に飛び込んだ.

    (2) ⇒ =and ALL that .
    (3) ((英方言))確かに, その通り(certainly).
    ((略式)) その他いろいろ.
    ▼ *at all
    《◆((英))では通例/ətɔ́ːl/のように発音される》[副]
    (1) [否定文で] 全然, 少しも

    He doesn't watch television at ~. = He doesn't at ~… 彼は全然テレビを見ない

    “Thank you. ”“Nót at alĺ. ”「ありがとう」「どういたしまして」《◆(1) ((米))ではYou're welcome. が普通. (2) Not at all. は((正式)); これだけではよそよそしいので, 後に I'm glad I could help you. などの文句をつけることが多い》.

    (2) [条件節で] いやしくも, かりそめにも

    If he comes here at ~, it will be surprising. そもそも彼がここへ来たとしたら驚きだ

    I can't recall the story, but vaguely if at ~. その話は思い出せないよ, 仮に思い出したとしてもぼんやりだ.

    (3) [疑問文で] いったい, そもそも

    What do you want to do at ~? いったい何がしたいんだい.

    (4) [肯定文で] ともかく, まさか

    I was surprised that she succeeded at ~. とにかく彼女がうまくやったのには驚いた.

    ⇒ =all and SUNDRY .
    ▼ for all that …
    ⇒ for ALL(〖形〗成句) .
    ▼ in all
    [副] 全体で, 合計で(all told).
    ▼ not at all
    ⇒ at ALL(1) .
    ▼ That's all (there is to it)
    =
    ▼ That's all she wrote.
    ((米略式))それで終り, それだけだ.
    〖名〗〖U〗 [one's ~] 一切の所有物, 全財産; 全体, 総体; 生命

    lose [give] one's ~ 全財産を失う[与える]

    do [give] one's ~ ((文))〔…に〕全力を注ぐ, 最大限の努力をする〔in, into〕.

    〖副〗
    1 [形容詞・副詞・前置詞句を修飾して] まったく, すっかり(completely); ((略式))ひどく, ただ…だけに(only)

    It was ~ a waste. すべてが水の泡だ

    alĺ too important a difference あまりにも重大な相違

    The play ended ~ too soon. その劇は残念なくらい早く終った

    I'm ~ tired. くたくただ《◆通例好ましくない意味の形容詞の前で用いる》

    I'm alĺ for [in favor of] her propósal. 彼女の提案に大賛成だ

    It's alĺ óver [up] with him. ((略式))彼はもうだめだ

    The can is alĺ émpty. かんは空っぽだ《◆一時的な状態を表す形容詞の前で用いる; completelyにはこのような制約はない: These ideas are completely [xall] empty. これらの考えにはまったく内容がない》.

    2 [all the+比較級で]〔…のために〕かえって, ますます…〔for, by, with, because, if, when, now that節〕

    She got ~ the angrier [more angry] for my silence [because I kept silent]. 私が黙っていたので彼女はよけいに腹を立てた.

    -------------
    ◇[語法]
    (1)比較級は通例抽象的なものに限られるが, 次の文脈では可: His diet took off many pounds, and daily exercises made him ~ the slimmer. 彼は食事療法で何ポンドも体重が減った, そして毎日の運動で彼はますますスリムになった.
    (2)the+最上級の代りとしてall the+比較級を用いるのは((非標準)): Is that ~ the faster you can go? その速さで精一杯ですか(=Is that the fastest you can go?/Can't you go faster than that?).
    -------------
    3 〔スポーツ〕両方とも

    thirty ~〔テニス〕サーティーオール

    The score is one ~. スコアは1対1だ.

    ▼ all in
    ((略式))
    (1) [beの後に置いて] 疲れきった(very tired).
    (2) [文尾で] 合計して, 全部で( ⇒ all-in ).
    ▼ all one
    (1) 1つになっている.
    (2) ⇒ =all the SAME
    (2) .
    [副] 思う存分.
    ▼ *all over
    [前] [alĺ òver O]
    (1) …の至る所で

    ~ over the world 世界中で《◆all the world overのallは〖形〗》

    from ~ over the town 町中から.

    (2) ((略式))〈人〉にのしかかって, …と取っ組み合って.
    (3) ((俗))〈人〉をちやほやして; 〈人〉を(いやな気持で)迎えて.
    [副] [alĺ óver]((略式))(1) 至る所, 一面に; 体中《◆all over the placeの短縮表現》.
    (2) 全体的に, すっかり(覆って)

    His hands were ~ over muddy. 彼の手は泥だらけだった.

    (3) ((略式))[名詞の後で] いかにも…らしい; どこからどこまでも, まったく

    That's Bill ~ over. いかにもビルのやりそうなことだ

    She is her mother alĺ óver. 彼女は母親にそっくりだ.

    [形][alĺ óver](1) 〔人にとって〕すっかり終った, 過ぎた〔with, ((米)) for〕( ⇒ 〖副〗1 ).
    (2) ((略式))〈 ニュースが〉広がった.
    ▼ *all right
    ⇒ right〖形〗 .
    ▼ (all) that
    [副]((略式))[否定・疑問文で] それほど

    I don't think it's ~ that great. それほどのものとは思いません.

    [形]あれだけの

    My legs ache after (~) that climbing. あれだけの山登りをしたので脚が痛むよ.

    ▼ all there
    ((略式))正気の, まともな.
    その他全部, …などいろいろ.
    ▼ all this
    ((略式))これまで述べてきたすべてのこと, 以上全部

    for ~ this これにもかかわらず

    What's ~ this? こりゃ一体なんだ.

    English-Japanese dictionary > all

  • 9 alone

    ひとりで 独りで
    たんしん 単身
    ひとり 独り
    ひとりぼっち 独りぼっち
    * * *
    /əlóun/ 〔まったく(al)ひとり(one)〕
    〖形〗(通例φ比較)[叙述]
    1 〔…の点で〕 ただひとりの, 孤独な〔in〕《◆(1) lonely, lonesomeと違って必ずしも寂しいことを含意しない. (2) 限定的にはlonelyを用いる》

    She found herself much [quite, all, very much, xvery] ~. 彼女はまったく孤独だった《◆ veryを可とする人もあるが避けるのが普通》

    We are not ~ in believing that she is a beautiful woman. 彼女が美人だと思っているのは私たちだけではない《◆主語が2人以上の場合にも用いる》.

    2 ((正式))[通例主語の名詞・代名詞の後で] ただ…だけ《◆onlyより強意的; このaloneは副詞ともとれる; ⇒ 〖副〗 》

    Jóhn aloné went there. ジョンだけがそこに行った(=Only Jóhn went there. )

    Man shall not live by bread ~. 〔聖〕人はパンのみにて生くるにあらず.

    ◇[語法] 目的語の後に用いてxCall John ~. (ジョンだけを呼べ)とはいえない(cf. ⇒ only〖副〗◇[語法] ).
    3 [S is [stands] ~ in O]〈人・物が〉〈能力・誠実さなど〉の点で比較するものがない

    He stands ~ as a conductor of ballet music [in his ability to solve the problem]. バレエ音楽の指揮者として[その問題を解決する能力では]彼にかなうものはいない.

    (援助を受けないで)独りでやる[行なう].
    ▼ *let alone …
    ((略式))[通例否定文の後で] …はいうまでもなく(to say nothing of)

    I don't have a cent, let ~ a dollar. 1ドルどころか, 1セントも持っていない

    She can hardly walk, let ~ run. 彼女は走るどころか, ろくに歩けもしない.

    ▼ *let [leave] O alone (to do)
    ((略式))(…するように)〈人・物〉を(かまわず)そのままにしておく, …に干渉しないで…させる, …させておく

    He could not leave the thing ~. 彼はそれに触れずにはいられなかった.

    ▼ let [leave] well (enough) alone
    [通例命令文で] (すでに満足である)現状のままにしておきなさい.
    〖副〗
    1 1人で, 単独で; …だけで《◆((略式))ではby oneself》; 単に, ただ…だけ

    The church stood ~ on the hill. 教会は丘にぽつんと立っていた

    They did it ~. 彼らだけでそれをした

    I did it for money ~. ただ金もうけのためにだけそれをした.

    2 独力で.
    ▼ all alone
    1人だけで(寂しく); まったく独力で.
    ▼ not alone A but (also) B
    ⇒ =NOT only A but (also) B .

    English-Japanese dictionary > alone

  • 10 and

    そうして 然うして
    そして 然して
    はたまた 将又
    および 及び
    けん 兼
    ならびに 並びに
    だの < conj>
    それで 其れで
    * * *
    /((弱))ən(d), n(d); ((強))ǽnd/ (類音end)〔「付加」が本義〕《◆通例, 弱形/ənd/, / ən/を用いる. / d/有無は文体による. その他詳細は各語義の発音注記を参照》
    〖接〗
    I [ 等位接続詞] (語・句・節を対等に連結する)
    1 [並列的に語・句・節を結んで]
    a / (ə)n(d)/ [並置] そして, および; …と…, …や…

    you [she] ~ I あなた[彼女]と私《◆I ~ you [she] は((非標準)); 通例二人称, 三人称, 一人称の順》

    a table ~ four chairs テーブルと4つのいす

    a black ~ yellow insect 黒と黄の(混じった模様の)昆虫( ⇒ ◇[語法][形容詞とand] )

    the ability to read, write(, ) ~ speak English 英語を読み書き話す能力《◆(1) 3つ以上の語(句)を結ぶ場合は最後の語(句)の前にandを置く; その前のコンマは((英))ではつけるが((米))では省略が普通: various kinds of musical instruments, such as violins, clarinets ~ trumpets バイオリン, クラリネット, トランペットといったさまざまな種類の楽器. (2) 〖C〗名詞3つ以上を結ぶ時は後の2つの冠詞は省略可: a knife, (a) fork, ~ (a) spoon ナイフ, フォーク, スプーン》

    He is a póet ~ nóvelist. 彼は詩人であり, かつ小説家だ《◆(1) 強調する時は, 通例, 冠詞・所有[指示]代名詞を繰り返し, andは強形で発音される: He is a póet ~/ǽnd

    a nóvelist.

    a knife ~ a spoon ナイフとスプーン(cf. knífe and fórk)/my father ~ (my) aunt 私の父とおば/those books ~ (those) papers あの本と書類. (2) 誤解のおそれがなければ, 2人を指す場合でも後の冠詞は省略可; 次例はbothで2人とわかる: The poet ~ (the) novelist were both present at the meeting. その詩人と小説家は2人とも会議に出席していた》

    I went home ~ Bill stayed at the office . 私は家路につき, ビルは会社に残った.

    -------------
    ◇[語法]
    (1)[ 形容詞とand]a)限定形容詞では色・性質・分野など異種の形容詞が重なる場合は, 通例andを用いないで並べる: a big black insect 大きな黒い昆虫. b)性質を表す形容詞が2つ重なる場合はandに代えてコンマを用いることもあるが, 3つ以上重なる場合は通例コンマを用いる: an intelligent ~(, ) generous man 知的で気前のよい人/a large, airy, comfortable room 大きく, 風通しのよい, 居心地のよい部屋. c)叙述形容詞が重なる場合は, 最後の2つの形容詞の間にandを置き, 残りの形容詞の後にはコンマを用いる: We felt hot, tired ~ thirsty. 我々は暑く, 疲れて喉の渇きを感じた.
    (2)[ 数とand]a)andを用いて普通名詞を2つ(以上)重ねる場合は2の場合を除き原則として複数扱い. b)抽象名詞を2つ重ねる場合は単数扱い: Poverty and corruption bedevils our nation. 貧困と腐敗が国民を苦しめている. ただし, 次のように所有格代名詞で修飾される場合は複数扱い: Your fairness and your impartiality have been much appreciated. 君の公正さと公平さは高く評価されている.
    (3) [ andと動詞の省略] John ~ Mary love each other. ジョンとメリーは愛し合っている《◆John loves Mary ~ Mary loves John. の短縮表現》/John drinks Scotch ~ Mary bourbon. ジョンはスコッチを, メリーはバーボンを飲む《◆2度目のdrinksは通例省略》. 次のように名詞が3つ連なる時は動詞の省略不可: xJohn gave Mary a book , ~ Milliam Jane a magazine. これは… and Milliam gave Jane … とする.
    -------------
    b / ǽnd/[追加・順位] [and also … ] (それに)また; …したり…したり

    He has long hair ~ wears jeans. 彼は髪を長くし, ジーンズをはいている

    You mind your own business . Á~ when you talk to me, take off your hat. 余計なお世話だ. それにおれに口をきく時は帽子ぐらい取れよ《◆このように文を導く場合は((略式))》

    We drank, sang ~ danced all night. 私たちは一晩中飲んで歌って踊り明かした.

    2 / n, ən/[一体となったものを表して] [単数扱い] …付きの

    bread ~ butter/brédnbʌ́tə(r)

    バターを塗ったパン《◆/bréd ən(d) bʌ́tə(r)/と発音すれば別々の物をさし, 複数扱い》

    a hóok ~ line 糸のついた釣り針

    hám ~ égg ハムエッグ《◆((米俗))ではham and/hæ̀mǽnd/ともいう. coffee and (doughnuts)も同様》.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 発音は話し言葉では/p, b/の後では/m/, / k, ɡ/の後では/ŋ/となることがある: cúp ~/m/ sáucer 受け皿つきカップ/bláck ~/ŋ/ whíte 白黒の.
    (2) 通例短い語を先に置く: bíg ~ úgly 大きくて醜い/mále ~ fémale [mén ~ wómen] 男女/bóys ~ gírls 少年少女《◆girls ~ boysともいう》.
    (3) 成句となったものは前後を入れ替えられない: on one's hánds ~ knées [xknees ~ hands] 四つんばいになって/with (a) knífe ~ fórk ナイフとフォークで/físh ~ chíps 魚フライとポテトフライ.
    -------------
    3 [数詞を結んで]
    a …に加えて, …と…

    Two ~ two make(s) four. 2たす2は4

    two hundred (~) forty-five 245

    two thousand, five hundred (~) thirty-one 2531《◆(1) hundredの次のandは((米))では通例略されるが, 百の位が0の時は略さない: two thousand ~ five 2005. (2) 慣習的にandを略す場合: 1707 =one seven O/ou

    seven (電話番号)/1995 =nineteen ninety-five (年号)/261 =two sixty-oneまたはtwo six one (部屋番号・番地など)》/two pounds ~ fifty pence 2ポンド50ペンス《◆((略式))では簡単に two pounds fiftyあるいはtwo fiftyという》.

    b ((古・文))[100未満の数で1の位の数の後で]《◆現在では年齢・時刻をいう時に用いることがある》

    five ~ twenty to ten 10時25分前

    She is one ~ thirty. 彼女は31歳だ(=She is thirty-one. ).

    4 [同一語の反復]
    a / (ə)n(d)/[同一語を結んで, 時・状態・行為などの連続・反復を示して] どんどん, …も…も

    again ~ again 何度も何度も

    They rán ~ rán ~ rán. 彼らはどんどん走った(=They kept running. )《◆andの省略は不可: xThey ran, ran ~ ran. 》

    It's getting wármer ~ wármer. だんだん暖かくなってきた《◆It's getting more ~ more warm. ともいえる》.

    b / ǽnd/[there is/you can findの後に来る同一の複数名詞または物質名詞を結んで] (ピンからキリまで, よいのやら悪いのやら)さまざまの

    There are teachers(). 先生といっても(ピンからキリまで)いろいろある(=There are good and bad teachers. )

    You can find coffee ~ coffee. コーヒーにも(ピンからキリまで)いろいろある.

    ◇[語法] 3度繰り返すと多数を表す: There were dógs ~ dógs ~ dógs all over the place. そこは至るところ犬だらけだった.
    5 [理由・結果] [しばしばand so, and therefore] それで, だから

    He was very tired ~ (so) went to bed early. 彼はとても疲れていたので早く寝た(=Because [Since] he was very tired, he went … )

    The clock is accurate ~ dependable. その時計は正確で(それゆえに)当てにできる.

    6 [時間的前後関係] そして, それから; すると(and then)

    He told her ~ she smiled. 彼が彼女に話すと彼女はにっこりした

    She washed the dishes ~ she dried them. 彼女は皿を洗い, それから乾かした.

    7 / ǽnd/[対照] それなのに, しかし, (また)一方《◆butと交換可能》; [譲歩的に] …なのに

    She tried hard and́ she failed. 彼女は一生懸命やったが失敗した(=She tried hard only to fail. )

    Roy is secretive and́ Ted is candid. ロイは秘密主義だがテッドはざっくばらんだ(=… , while Ted is candid. )

    He's afraid of the sea. Á~ he calls himself a sailor. 彼は海を恐がるんだ. それでいて自分は船乗りだと言うんだからね《◆譲歩の意では, このようにしばしば強調的に独立した文となる; ⇒ 12 》.

    II [ 準等位的] (純粋に等位接続詞と認めがたい場合)
    8 [条件] [命令法またはそれに相当する句の後で] そうすれば(cf. ⇒ or 4 )《◆通例, 後の節はwillを含む》

    Hurry up, ~ you'll be in time for school. 急ぎなさい, そうすれば学校に間に合うよ(=If you hurry up, you'll be in time … )

    Eight more months, ~ you'll have him home again. もう8か月すれば彼はあなたのもとへまた帰ってきますよ.

    ◇[語法]
    (1) しばしば脅迫を表す: Move (an inch), ~ you'll be dead. 動いてみろ, 命はないぞ(=Don't move, or I'll kill you. ).
    (2)ことわざではLend your money and you'll lose your friend. (友に金を貸しなさい. そうすれば友を失うでしょう→金が縁の切れ目)の型よりもLend your money and lose your friend. 式の「命令文and命令文」の型が多い. この方が迫力があって効果的なのであろう: Spare the rod and spoil the child. (可愛い子には旅をさせよ. ).
    9 / ǽnd/[補足・要約]((略式))(挿入または追加的に) それも, しかも, もっとも《◆相手の意見にコメントを加えるときにも用いる》; すなわち, つまり《◆相手に代って話を完結させるときにも用いる》

    They hated Tom―and́ that's not surprising. 彼らはトムを嫌っていた―それも当然のことだ

    He, and́ he alone, must go. 彼, しかも彼ひとりだけが行かねばならない

    He did it, and́ in her presence. 彼はそれをやった, しかも彼女の前で

    I'm against the Constitution, and́ for the following reason. 私は現行憲法には反対だ. つまり理由は次のとおりだ.

    10 / (ə)n(d)/[動詞 + ~ + 動詞]
    a ((略式))[通例命令文で; try ~ … ] …するように

    Trỳ ~ swim !さあ泳いでごらん(=Try to swim!).

    b ((略式))[通例命令文で; come [go, hurry up, run, stay, stopなど]+~ … ]

    Còme (~) sée me again tomorrow. 明日また来てください《◆(1)変化形になるとこの構文は不可; またhave gone and done については ⇒ go11b . (2)変化形になると「動詞+~+動詞」は目的でなく普通の結果を表す(cf. ⇒ COME and do )》

    He usually stays ~ has dinner with us after the game. 彼はゲームの後たいていうちで食事をしていく.

    c [sit, lie, walkなどの後に用いて] …して, …しながら《◆and以下が現在分詞に相当》

    She sat ~ smoked. 彼女はタバコを吸いながら座っていた(=She sat smoking. ).

    d ((米略式))[and do で] …するために(to do)

    I'm going down ~ telephone. 電話をしに降りていくよ(=… going down to telephone).

    11 / (ə)n(d)/((略式))[形容詞+~+形容詞の形で]《◆前の形容詞が後の形容詞を副詞的に強調する》

    It's nìce ~ cóol. とっても涼しい(=It's fairly cool. )《◆(1) 強勢のないandが脱落してnìce cóolとなることもある. (2) It's níce┊~ cóol. は「天候もよいし涼しい」の意》

    I hit him gòod ~ hárd. 力いっぱい彼をたたいた(=I hit him very hard. ).

    12 / ǽnd/[通例疑問文の文頭に用い, 相手の言葉を受けて, または相手の発言を促すために] それで(…は?); それじゃ(…というわけですね); [強意的に] しかも

    “Have you been well?”“I've lost weight. ”“Aand́ are you able to sleep?”“Hardly at all. ”「おからだは?」「やせました」「で, 眠れますか」「ほとんど眠れないのです」

    “Then he decided to study harder. ”“I see. Á~ he owes his success to his stubbornness?” 「それで彼は以前にもまして勉強しようと決めたのです」「そうですか, それじゃ彼の成功はその不屈の精神のおかげだということですね」《◆このように平叙文で疑問を表す場合に用いることが多い》.

    13
    a / ǽnd/[特に受ける前行要素なしで, 驚き・意外・非難などを表す] ほんとうに, そうとも, …だよ

    O John, and́ you have seen him! ああ, ジョンね, ほんとうに彼を見かけたのだね.

    b [主語+~+補語の形で] …のくせに《◆ be 動詞に接近する》

    A policeman ~ afraid of a thief! 警官のくせに泥棒を恐がるなんて.

    ((略式))=without doing anything( ⇒ without〖前〗 2 ).
    ▼ and how
    ⇒ how .
    ▼ A and/or / ǽndɔ́ː(r)/ B
    〔主に法・商〕 AとBまたはAかB

    by cash and

    orcheck 現金と小切手またはその一方(=by cash or check, or both)

    or meat for dinner. 夕食には魚と肉(の両方), またはそのどちらかがいい《◆I like fish or meat, or both. という方が普通》.

    ▼ and so on
    =
    …など(cf. ⇒ etc . )《◆(1)人にはand othersなどを用いる. (2)断定を避けて含みを持たせる表現はくだけた話し言葉に多い: and all(that), and that, ((主に米略式)) and stuff, and things like that などがある》

    tea, sugar, salt ~ so on お茶・砂糖・塩など

    We had a wonderful time climbing mountains ~ so on. 山登りなんかして楽しかった.

    English-Japanese dictionary > and

  • 11 angel

    みつかい み使い
    エンゼル
    てんのつかい 天の使い
    てんし 天使
    * * *
    /éin(d)ʒ(ə)l/ 〔「(神の)使者」が原義〕
    〖名〗(複~s/-z/) 〖C〗
    1 天使《神に仕える霊的な存在; 神学では9階級全天使(seraphim, cherubim, thrones, dominions, virtues, powers, principalities, archangels, angels)の中の第9位》

    a flight of ~s 天使の群れ

    enough to make the ~s weep((やや略式))とても遺憾な[おろかな].

    2 (白衣を着て翼のある)天使像.
    3 [通例an ~] 天使のような(純潔無垢の)人, 優しい[美しい]人《◆特に女性・子供に用いる》

    She is an ~ of a girl. ((正式))彼女は天使のような少女だ《◆日常語としては She is (like) an ~. の方が普通》

    You are an ~ for doing my shopping. 買物に行ってくれるなんていい子ね

    Be an ~ and turn the radio down. お願いだからラジオの音を小さくしてちょうだい《◆上記の2例のいい方は主に親しい女性が子供に対して用いる》

    The boy is no ~. その男子は態度が悪い.

    4 (善悪どちらかの)霊的存在; [通例one's good ~] 守護神.
    5 ((詩))(季節・死などの)前ぶれ, 前兆

    the ~s of spring 春の前ぶれ.

    6 ((俗))(演劇などの)経済的援助者, パトロン, スポンサー.
    7 エンゼル金貨(~-noble)《15-17世紀英国の金貨》.
    8 (レーダーに現れる)幽霊電波.
    正しい, 正義に味方して.
    〖動〗|他|((米略式))〈 演劇など〉に経済的援助をする.

    English-Japanese dictionary > angel

  • 12 answer

    かいとう 解答
    こたえ 答
    おうとう 応答
    かいとう 回答
    にのく 二の句
    へんじ 返事 to answer:
    こたえる 答える
    おうずる 応ずる
    こたえる 応える
    とく 解く
    * * *
    /ǽnsə(r)│ɑ́ːn-/ 〔「反応する」が本義〕
    〖動〗(~s/-z/; ~ed/-d/; ~・ing/-s(ə)riŋ/)
    |他|
    1
    a [SVO]〈人が〉〈人・質問・手紙など〉に 答える(⇔ask)《◆replyより口語的》

    A~ (xto) my letter as soon as possible [((英)) by return]. できるだけ早く[折返し]手紙の返事をください

    I'll ~ you tomorrow. 明日ご返事します

    It doesn't ~ my question. それでは答えたことにならないよ

    Á~ me thìs [thàt]. これ[それ]に答えなさい.

    -------------
    ◇[語法]A~ my question. (私の質問に答えなさい)をSVOOの文型を使ってxAnswer me my question. とは普通いわない. この文型が許されるのは A~ me this [that]. (これ[それ]に答えなさい)の場合だけである. これは固定化した表現なので, meを他の語に変えたり, 語順を変えてxA~ this [that] to me. とはいえない.
    -------------
    b [SVO]〈人が〉Oと答える《◆Oは返答の内容》; [直接話法で]「…」と答える

    She ~ed nothing. 彼女は何も答えなかった

    “Do you know him?” “Yes, ” she ~ed. (=She ~ed yes [in the affirmative]. ) 「彼を知っていますか」「ええ」と彼女は答えた.

    c [SV(((まれ)) O)( that)節]〈人が〉(〈人〉に)…だと答える

    They ~ed (that) they did not know me. 彼らは私を知らないと答えた.

    2 [SVO]〈人が〉〈電話・ノックなど〉に 応答する

    A~ the telephone for me. 代りに電話に出てよ

    Could you ~ the door?There's someone ringing the bell. 玄関に出てくれませんか. だれか呼び鈴を鳴らしてます.

    3 ((正式))〈目的・要求など〉にかなう, 役立つ, …を満たす(satisfy).
    4 〈非難・仕打ちなど〉に応酬する, やり返す.
    5 〈問題・謎(なぞ)など〉を解く.
    6 〈人相書・記述の内容〉に一致する.
    7 …に弁明[反論]する.
    |自|
    1 [SV(M)]〈人・電話などが〉 答える, 返事をする, 応答する《◆Mは様態の副詞(句)》

    A~ at once when spoken to. 話しかけられたらすぐ返事をしなさい

    He asked me a question, but I couldn't ~. 彼は私に質問したが答えられなかった《◆I couldn't ~ it. のitの省略; ⇒ |他|1 》

    She ~ed with a nod. 彼女は答える代りにうなずいた

    The number [phone] did not ~. 電話をしたが応答がなかった.

    2 〔…に〕従う, 正しく反応する〔to〕

    ~ to one's name 名前を呼ばれて答える.

    3 ((正式))〔要求などに〕かなう〔to〕.
    4 〔人相書・記述の内容に〕一致する; 〔…のもとで〕働く〔to〕

    ~ to the description of the man その男の人相書と一致する.

    ((略式))[自]
    (1) 〈 特に子供が〉(諭(さと)されている時に)〔…に〕口答えする(talk back)〔to〕.
    (2) 自己弁護する.
    [他] [~ O back]〈人〉に口答えする, 抗弁する.
    ▼ * answer for O
    (1) 〈人・物・事〉の 責任を負う, …の罰を受ける

    The criminal will have to ~ for his crimes by going to jail. その犯罪者は刑務所に入ることによって犯した罪の責任をとることになるだろう.

    (2) 〈物・事〉を 保証する, 請け合う

    I ~ for the truth of this information. = I ~ for it that this information is true. この情報が間違いないことは私が保証する.

    (3) 〈物・事〉の役に立つ.
    (4) 〈人〉に代って答える.
    〈 席などが〉予約済みである.
    ((略式))〈人・事が〉大いに責任がある

    You have a lot to ~ for. (こんなことになったのも)君のせいだよ.

    〖名〗(複~s/-z/) 〖C〗
    1
    a 〔…への〕答え, 返事, 応答, 回答〔to〕(〖略〗A, ans. )(⇔question)

    a straight ~ 誠意ある[率直な]返答

    I can't give you an ~ now, but I'll do my best. 今お答えできませんがなんとか考えておきましょう《◆I'll see about it. よりも前向きな答》

    That's no ~. それじゃ答にならないよ《◆That's not an ~. よりもうんざりした気持が強い》.

    b 〔…という〕答え〔 that節〕

    I got the ~ that she would agree to our request. 私たちの依頼に応じるつもりだという彼女の返答を私は得た.

    2 〔問題などの〕解答, 解決策〔to〕

    the ~ to our housing problem 住宅問題の解決策.

    3 (身ぶり・行為による)〔…への〕応答, 返答〔to〕

    His ~ to her being late was to fire her. 彼女の遅刻に対して彼は黙って彼女を首にした.

    4 〔法〕
    a 答弁[弁明](書).
    b (離婚などの)〔申し立てへの〕回答(書)〔to〕.
    ▼ have [know] all the answers
    (あることに)くわしいと自認している, すべてを知っていると思いっている.
    ▼ *in answer to O
    〈質問・非難など〉 に答えて, 応対して, (行為で)応じて

    She wrote a check for $100 in ~ to my request. 彼女は私の要求に応じて100ドルの小切手を切ってくれた.

    English-Japanese dictionary > answer

  • 13 antipathy

    はんかん 反感
    けぎらい 毛嫌い
    * * *
    /æntípəθi/ 〖名〗((正式))
    1 〖U〗〖C〗〔…に対する〕(生理的)嫌悪, 反感〔to, against, for, toward〕(⇔sympathy)

    feel [have] a great ~ toward him 彼をひどくけぎらいする.

    2 〖C〗 虫の好かないもの.
    3 〖U〗 [or an ~]〔2つの物の間の〕相違, 反発〔 between〕.

    English-Japanese dictionary > antipathy

  • 14 any

    なんなり 何なり
    にんい 任意
    いやしくも 苟も
    * * *
    /((弱))əni; ((強))éni/
    〖形〗(φ比較) [限定]
    -------------
    ◇[語法]
    (1)/((弱))əni/は通例否定文( ⇒ 2 ), 疑問文( ⇒ 1 )にのみ生じる. 'nyと書かれることもある: We never have 'ny problem in our office. オフィス内で問題が生じたことは一度もありません/Is there 'ny sugar left?砂糖が残っていますか( ⇒ some ).
    (2)〖C〗〖U〗名詞を修飾する; 〖C〗名詞の場合は通例複数形. ただし3ではしばしば単数形. また((略式))では1, 2の否定[疑問]文では不定冠詞的に単数形につけて用いる.
    (3)anyは通例漠然とした量(~+〖U〗名詞)や数(~+〖C〗名詞)を示唆するので, 疑問や否定的意味の文で用いられることになる. 量や数の観念がなければanyは用いられない.
    -------------
    1 / əni/[疑問文で] 何か, どれか, だれか; 少しでも《◆日本語には強いて訳さないことが多い; yesかnoかいずれの答を期待しているかは原則として五分五分; ⇒ ◇[語法] 》

    Is there ~ butter in the refrigerator? 冷蔵庫にバターはありますか

    Do you have ~ children [xchild] ? お子さんがおありですか

    Do you see ~ [a] policeman over there? 向こうに警官の姿が見えますか《◆aだと単に存在の有無を聞いているだけだが, anyだと「ひとりでも」といった気持が加味され, 警官がいるとまずいといった懸念が暗示される》.

    -------------
    ◇[語法] [ anyとsome] (1) 相手からyesという答を予期する場合はsome: Are there some letters for me? (たぶん来ているはずですが)私に手紙が来ていませんか《◆There are some letters for me, aren't there? に近い質問. Are there any letters … ? だと(たぶん来ているはずですが)といった話し手の期待は含まれない》.
    (2) someは相手のyesという返事を先取りしていることになるので, 物を勧める場合丁寧に響く: Would you have some more tea? お茶をもう少しいかがですか.
    -------------
    2 / əni, éni/[否定文で; not ~… ] どれも, 何も, だれも; 少しも《◆強調以外は日本語では訳さないことが多い》

    I don't want ~ sandwiches. サンドイッチはいりません《◆肯定文ではI want some/s(ə)m

    sandwiches. 》

    There isn't ~ hope of his success. 彼が成功する望みはまったくありません

    I did not think that she would eat ~ cake. 彼女はケーキを食べないと私は思った( ⇒ think|他|2注 ).

    -------------
    ◇[語法]
    (1) notがなくても否定文に準じる場合はany: without ~ trouble簡単に(=with no trouble)/They refused to eat ~ cake. 彼らはケーキを食べようとしなかった.
    (2) [not any … とno … ] 両者は交換できるが, noの方が否定の意味が強い. また, 通例not anyの方が口語的. したがってnotの前の(助)動詞と縮約結合してn'tとなるのが自然: People are starving because there aren't aný jobs [are nó jobs]. (職がないので, 人々は飢え死にしかけている). ただし先行する文脈から否定的な事態が予測される場合はno … が好まれる: Your conversation with her was very brief. Did she ask no questions? 彼女との話はやけに短かったね, 彼女は質問しなかったの?《◆very briefによって後半の事態が予測されそれを確認する形》.
    (3) anyの後に否定語を置くことは不可( ⇒ either〖代〗◇[語法] (3) ): No students came. 学生はだれも来なかった(xA~ students did not come. )《◆xNot ~ student … も単なる否定では不可》/Scarcely ~ students rejected the offer. どの学生もほとんどその申し出を拒否しなかった(xA~ students scarcely rejected … ). しかし any + 名詞に条件的な意味が加味される場合は可: Á~ gentleman ┊would not use such language. 紳士ならだれもそんな言葉は使わないでしょう(=Anybody who is a gentleman would not … ).
    -------------
    3 / éni/[通例肯定文で; 強調; しばしば ~+単数名詞]
    a どれでも, どんなもの[人]でも, だれでも《◆通例強勢を置く》

    Come and see me aný day. いつでも遊びに来てください

    You can have aný cake on the table. テーブルのケーキはどれを食べてもいい《◆ケーキが2つのときはeither》

    A~ child could do that. どんな子供でもそれはできよう《◆仮定法と結びついて大変たやすいことだの意を表す》

    Á~ bed is better than nóne. どんなベッドでもないよりはよい.

    b [関係詞節の先行詞を修飾] どんな…でも, できる限りの…

    He will accept ~ money he can get. 彼は手に入るだけの金は受け取るだろう.

    -------------
    ◇[語法]
    (1)この意味では法助動詞を用いた文が多く, 具体的に何かをした文脈ではanyは不可: xHe ate ~ cake(s) on the table. / He ate all the cakes [every cake] on the table. (彼はテーブルのケーキをみんな食べてしまった).
    (2) anyの修飾語はabsolutely, just, almostなど: Absolutely ~ food would be better than nothing. 絶対にどんな食べ物でも何もないよりはましだろう.
    -------------
    4 / éni/[if節, if節に似た含みの節で] どれでも, どんなもの[人]でも, だれでも

    If you eat ~ cake, I'll hit you. もしケーキをひとつでも(無断で)食べたら, ぶつからね《◆好ましい意味で「もし…したら」では通例some: If you eat some spinach, I'll give you a present. もし(嫌いな)ホウレンソウを食べたら, ごほうびをあげよう》

    If you have ~ difficulty, ask me for help. もし手に余るようなことがあれば, 私に助けを求めなさい.

    5 / əni, eni/[否定文で; just(… )~ (old), 時に~ ordinary] ただの, 並の

    This isn't ~ ordinary ability. これは並の能力ではない

    We can't accept just ~ apology. 単なる弁解は承知できない(=We can accept only a plausible apology. )《◆全否定でないことに注意》.

    〖代〗/éni/
    -------------
    ◇[語法]1-4では, 「~ of + the [these, my, etc. ]+複数名詞」の形が多いが, 「~ of + the[this, my, etc. ]+単数名詞」や「~ of +代名詞」も用いられる. 前文などからof句が明らかな場合はanyだけで用いられる.
    -------------
    1 [疑問文で](…のうち)何か, どれか, だれか

    I need some butter. Is there aný in the fridge? バターが必要です. 冷蔵庫にありますか《◆ any butterの省略表現. butterは〖U〗名詞なので xany oneは不可》

    Does [Do] aný of the members agree with you? メンバーのだれかが君に賛成していますか《◆単数扱いが原則だが, membersに引かれて複数扱いされることがある》.

    2 [否定文で](…のうち) どれも, だれも

    I want to buy some flowers. We don't have ~ in the garden. 花を買うつもりだ. 庭には全然ないから(=We have none in the garden. )《◆ any flowersの省略表現. xany onesは不可》

    I don't lend my books to ~ of the students. () では「だれにでも貸すわけでない」という部分否定. この場合notは文全体を否定するのでnoneによる言い換えは不可(=It is not that I lend my books to ~ of … )》.

    ◇[語法] xA~ of the students did not come. のようにanyの後に否定語を置くことは不可. None of the students came. (学生はだれも来なかった)とする( ⇒ 〖形〗2 ◇[語法] (3) ).
    3 [肯定文で] (…のうち)どれも, だれも

    Á~ of these will do. これらのうちのどれでもOKです《◆theseが2つならばeither》.

    4 [if節で] (…のうち)どれでも, だれでも

    May I have some more tea if there is ~ in the pot? ポットに残っていたらお茶のお代わりをしてもいいですか《◆ any teaの省略表現. teaは〖U〗名詞なのでxany oneは不可》.

    5 ((米略式))だれでも(anybody).
    〖副〗/éni/(φ比較)
    1 [補語の形容詞・副詞の比較級を修飾] [疑問・否定文, if・whether節で] いくらか, 少しは; [否定文で] 少しも

    He isn't ~ older than I thought. 彼は私が思っていたより少しも年がいっていない(思っていたとおりの年だ)

    Do you feel ~ better today? 今日は少しは気分がいいですか.

    ◇[語法] differentも比較級に準じてanyと共に用いる: It is not ~ different from what I expected. 私の期待していたものとは少しも変らない(=It is exactly the same as I thought. ).
    2 ((主に米略式))[動詞を修飾; 否定・疑問文で] 少しは, ちょっとでも(((英)) at all)

    Have you practiced ~ today? 今日は少しでも練習しましたか.

    ▼ any and every …
    どんな…も, どの…も《◆anyまたはeveryの強調形》

    speak to ~ and every girl who is pretty かわいい子にはだれかれの区別なく声をかける《◆x~ and every girls who are … は不可》.

    ▼ any more
    ⇒ anymore .
    ▼ any old …
    (1) [肯定文で]どのような….
    (2) [否定文で]どのようなものも…でない《◆anyの強詞形》.
    ▼ any (old) how
    ⇒ how〖副〗 .
    ▼ any one
    (1) / éni wʌ̀n/((まれ)) ⇒ =anyone .
    (2) / èni wʌ́n/ [しばしば~ one of+the [these, my, etc. ]+複数名詞] (…のうちの)どれ[だれ]も, ひとつ[1人]残らず《◆anyの強調形》

    “Which pen do you want?”“A~ one will do. ”「どのペンがいいですか」「どれでもいい」《◆oneはpenの代用》

    A~ one [xAnyone] of us could do it. 私たちのうちのだれでもそれができるでしょう《◆このoneは数詞》.

    ▼ any time
    ⇒ anytime .
    ▼ any way
    ⇒ anyway ◇[語法]
    (2) .
    ▼ as … as any
    [形] [代] どの…と比べても同じくらい; だれにもひけをとらず

    He is as wise as ~ (man). 彼はだれよりも賢い[とても賢明だ]

    Waiting is a talent as valuable as ~. 待つということはどんなものにも劣らないほど大切な才能だ.

    ▼ if any
    (1) もしあれば《◆if there is [are] any … の省略表現》

    Correct errors if ~. もし誤りがあれば訂正せよ《◆Correct ~ errors. ともいう》.

    (2) たとえあったとしても

    There is little(, ) if ~(, ) difference between the two. 両者の間には, たとえあったとしてもごくわずかしか, 相違はありません.

    ((略式))関心がない; 同意しない.
    ⇒ than〖接〗 1 ◇[語法] .

    English-Japanese dictionary > any

  • 15 any number of times

    なんどでも 何度でも

    English-Japanese dictionary > any number of times

  • 16 any time

    <at...>
    なんどきでも 何時でも
    * * *
    I
    ⇒ anytime .
    II
    ⇒ =anytime .
    III
    〖副〗
    1 ((主に米))いつでも, いつも, 常に《◆((米))ではanytime, ((英))では(at) any timeが普通》

    Call me ~. いつでもお電話ください.

    2 [A~!; 間投詞的に]いつでもいいよ!, いつでもどうぞ

    “Thanks for your help. ”“A~. ” 「手伝ってくれてありがとう」「いつでもどうぞ[どういたしまして]」《◆(1)You can ask [call] me ~. の意. (2)通例短時間でできることについていう》

    A~ you're ready. ((略式))((待機している時に))(あなたがよければ)いつでもいいですよ.

    3 [接続詞的に] …する時はいつも《◆wheneverより口語的》

    Come and see me ~ you want to. その気になったらいつでも遊びに来てください.

    〖名〗〖U〗いつでも

    A~ is OK with me. いつでもいいよ.

    English-Japanese dictionary > any time

  • 17 anyone

    どなたでも 何方でも
    なんぴと 何人
    だれでも 誰でも
    * * *
    /éniwʌ̀n, -wən/
    〖代〗
    1 [疑問文で] だれか, だれでも

    Does anyoné know where Tom lives? だれか, トムの住んでいる所を知りませんか

    Is anyoné else coming? ほかにだれか来ますか

    “I had a date last evening. ”“A~ I know?”「ゆうべデートだったの」「(相手は)僕の知っている人かい」.

    2 [否定文で] だれも, どの人も

    She was so sad that she did not want to speak to ~. () だれにも会わなかった(=I met nobody. ).

    -------------
    ◇[語法]
    (1) anyoneを含む文を下降・上昇調にすると部分否定になる. この場合just ányoneとなることが多い: I do not want (just) anyoné for this job. () この仕事はだれでもよいというわけでない. notは文全体を修飾する(=It is not that I want ~ for this job. ).
    (2) anyoneの後に否定語を置くことは不可( ⇒ any〖形〗 2 ◇[語法] (3) ): No one can do it. (xA~ cannot do it. ) だれもそれができない《◆xNot ~… も単なる否定では不可》. ただしanyoneが関係詞に修飾されているような場合は可: A~ who is unwilling to read ┊does not understand the joy of reading. いやいや本を読む人はだれも読書の喜びがわからない(=Nobody who is unwilling to read understands … ).
    (3) 形は肯定文でも意味的に否定の場合もanyone( ⇒ any〖形〗 2 ◇[語法](1) ): It's unlikely┊that anyoné will come tomorrow. 明日だれも来そうにない.
    -------------
    3 [肯定文で] だれでも, どの人も

    A~ who knows me knows I love Vermont. 私を知っている方なら私がバーモント州を愛していることをご存じでしょう

    A~ can do it. そんなことできて当たり前ですよ.

    4 [if節で] だれでも, どの人も《◆if節では否定・肯定にかかわらず用いる》

    If ~ comes to see me, tell him that I am out. もしだれか会いに来ても, 留守だと言いなさい《◆たぶんだれか会いに来そうだと話し手が考えている場合はIf somebody comes … 》.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) [anyone [anybody]と数・性] 常に単数扱い. 呼応する代名詞は, 性差に言及しない場合, 堅い書き言葉ではhe or she, he/she, heなどを用いるが, それ以外ではtheyを用いるのが普通. 特に主格の場合はtheyが原則: Has ~ lost their pen? だれかペンをなくした人はいますか/A~ can become a member, can't they? だれでも会員になれますね/A~ who acts [xact] so selfishly is [xare] sure to lose their [((正式)) his or her, his/her, his] friends. そのようにわがままにふるまう人はだれでも友だちを失う破目になりますよ(cf. ⇒ each , ⇒ everybody ).
    (2) of句が続く場合any one of … のみ可: any one [xanyone, xanybody] of us 我々のうちのだれも( ⇒ ANY one ).
    -------------

    English-Japanese dictionary > anyone

  • 18 anything

    なんなり 何なり
    * * *
    /éniθìŋ/
    〖代〗
    1 [疑問文で] 何か, どれでも

    Is there ~ like go in India? インドには碁のようなものが何かありますか

    Do you have ~ to do after that? そのあと何か用事がありますか

    A~ else, sir? ほかに何かご用がありますか《◆ホテルで部屋まで荷物を運んできたボーイが客に向かってチップを要求するときの遠回し表現にも用いられる》

    -------------
    ◇[語法] 相手がたぶんyesと答えるものと予測される場合, または相手がyesと答えやすくしてやりたい気持がある場合は, 疑問文でもanythingではなくsomethingを用いる: Do you smell something burning 何かこげていませんか/Is there something I can do for you? 何か私にできることがありましたらどうぞ.
    -------------
    2 [否定文で]
    a 何も, どれも

    I do not know ~ about him. () では「何でも知っているわけではない」の意の部分否定になる》

    You can't do ~ if you worry about what other people think. 他人の目を気にしていたら何もできないよ

    I couldn't ask for ~ better than that. それは願ったりかなったりだ.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) anythingの後に否定文を置くことは不可( ⇒ anyone 2 ◇[語法]
    (2) ): Nothing will happen. 何事も起らないでしょう(xA~ will not happen. )《◆xNot ~… も単なる否定では不可》. ただしanythingが関係詞などで修飾される場合は可.
    (2) 意味的に否定の語と共起する場合, 肯定文でもanything: He was unable to eat ~. 彼は何も食べられなかった(=He was not able to eat ~. )/without saying ~ 何も言わないで.
    -------------
    b [否定文・疑問文で] たいした事[物] (cf. ⇒ anybody〖名〗1 )

    I got injured in the car accident, but it wasn't ~. 車の事故で負傷したがたいしたことではなかった

    Is it really ~? そんなに重要なことですか.

    3 [肯定文で] 何でも, どれでも

    How about a cafeteria? It has just about ~. カフェテリアに行きましょう. あそこならほとんど何でもありますから

    A~ will do. どれでも結構ですよ

    I will do ~ I can do to help. 手伝えることなら何でもいたしましょう.

    4 [if節で] 何か, 何でも

    If you do ~ wrong, you will be punished. もし何か少しでも悪いことをしたら罰せられます《◆好ましい意味ではしばしばsomething: If you do something good, I'll give you some pencils. 何か君がいいことをしたら, 鉛筆をあげよう》

    Please let me know if there's ~ I can do. 私に何かできることがあったら言ってください《◆人が亡くなった時など助けを申し出る言葉》

    A~ you say. ((略式))お好きなように; おっしゃる通りに.

    ▼ * anything but …
    《◆この句のbutは「…以外の」(except)の意》
    (1) [形容詞・名詞の前で] 少しも…でない, …どころでない

    This is ~ but easy. とてもやさしいというしろものではない《◆This is far from easy. より口語的》

    He is ~ but a gentleman. 彼が紳士だなんてとんでもない.

    (2) ((略式))[A~ but!] (相手の質問に対して)とんでもない, それどころではない(Not at all!, Far from it!)

    “Was the exam easy?”“A~ but!” 「テストはやさしかったかい」「とんでもない」.

    (3) [do ~ but] …のほかは何でもする

    She never does ~ but waste her money. 彼女は金を浪費することしか能がない(=She does nothing but waste … ).

    ▼ anything doing?
    ()((英略式))
    (1) 何事でしょうか, 何か(ご用でも).
    (2) ちょっと手伝って[助けて]くれますか.
    ▼ anything for a quiet life.
    ((略式)) 〔「静かな生活と引き換えなら何でも出す」が原義〕 (相手の命令に対して)何なりとやりましょう《◆事を荒立てないために不本意ながらおっしゃる通りにしましょう, の含み》.
    ▼ anything goes.
    何でも許容される, 何でもまかり通る.
    ▼ anything like …
    (1) ⇒ 1 .
    (2) ((略式))[否定・疑問・条件文で; 形容詞・数詞の前で] …に近いもの

    This movie is not anythinǵ lìke as exciting as that one. これはあの映画ほど面白くない(=This movie is nothing like [nowhere near] as exciting as that one. ).

    (3) [否定・疑問文で; 名詞の前で] …に似たもの

    My bike is not anythinǵ lìke yours. ぼくのバイクは君のにはとても及ばない《◆My bike is not like yours. の強調表現》.

    ▼ * anything of a …
    ((略式))[否定・疑問文で] ちょっとした…で《◆肯定文ではsomething of a》

    He is not ~ of a gentleman. 彼には紳士らしいところがまるでない(=He is nothing of a gentleman. ).

    (数量の上限を示して)…まで.
    ▼ Anything wrong?
    ((略式))(困っている人を見て)どうかしたの《◆Is there ~ wrong?の略》.
    ▼ anything you say!
    ((略式))おっしゃる通り, そのようにいたします《◆依頼への返答; 時に気のない返事にも用いる》.
    ▼ as... as anything
    ((略式))[形容詞・副詞を強めて] 何よりもまして…で, めっぽう, とても(very)《◆形容詞は主にeasy, strong, fastなど》.
    ▼ for anything
    ((略式))[通例would notと共に] 何と引き換えても[絶対に](…しない).
    (1) [通例文頭で] どちらかといえば, むしろ.
    (2) もしあるとしても

    He had little, if ~, to say. 彼はほとんど言うべきことがなかった

    If anything goes wrong it will. ((ことわざ))うまくいきそうにないものは, うまくいかないものだ.

    ((英略式))[動詞の後で] 猛烈に, めちゃくちゃに《◆通例好ましくない状態に用いる》

    cry like ~ おいおい泣く.

    ((略式))普通ではない, 特別の.
    〈物〉を重視しない《◆make much of Oの全否定形; ⇒ make|他|15 》.
    〈人〉に少しも会わない《◆see much of Oの全否定形; see|他|2》.
    ⇒ =not make ANYTHING of O .
    ▼ … or anything
    ((略式))[疑問・否定・条件文で] …や何か, …するとかそのようなこと《◆…部分以外の可能性を示す》.
    〖副〗[通例否定・疑問文で; しばしば~ like] とにかく, いやしくも, 少しでも(cf. ⇒ 〖代〗成句 ).

    English-Japanese dictionary > anything

  • 19 anything and everything

    なんでもかんでも 何でもかんでも
    なにもかも 何も彼も

    English-Japanese dictionary > anything and everything

  • 20 arrive

    おみえになる 御見えになる
    さいする 際する
    つける 着ける
    * * *
    /əráiv/ (類音alive)〔「水路で岸(rive)に着く」が原義. cf. ⇒ river 〕〈派〉arrival(名)
    〖動〗(~s/-z/; ~d/-d/; -・riv・ing)
    |自|
    1
    a [SV(M)]〈人・乗物・郵便物などが〉〔ある場所に〕着く, 到着する, 来る〔at, in, on, upon, xto〕(⇔depart)《◆「努力して着く」はget to, reach》

    What time are you going to ~? 何時に到着の予定ですか

    No letters ~d today. 今日は手紙が1通も来なかった

    We [The train] will (soon) be arriving at Osaka. まもなく大阪に到着します《◆(1)現在進行形だけでも同じ意を表す. (2)the trainが主語の場合は比較的くだけた言い方》

    She ~d at the station [in Tokyo, on the moon]. 彼女は駅に[東京に, 月に]到着した

    When did he ~ on the scene? 彼はいつ現場に到着した[姿を現した]か

    Arriving [((今は非標準))xArrived, xBeing arrived] there, he called his wife. = He ~d there and called … そこへ着いて彼は妻に電話した

    She welcomed her arriving guests. 彼女は次々と到着する客を迎えた《◆xan arriving guestは不可》.

    b [SVC] …の状態で到着する

    ~ safe [penniless] 無事に[一文なしで]到着する.

    -------------
    ◇[語法] [arrive at, in, on] atは比較的狭いと考えられる場所に, inは比較的広いと考えられる場所に, on, uponはその表面が意識される場合に用いるのが原則. ただし心理的な面もあって必ずしも場所の広狭に関係のないこともある: I ~d at Tokyo and took a plane. 東京に着いて飛行機に乗った《◆通過地点》/We ~d in a very small village. 我々はとても小さな村に着いた《◆特にvillageやtownは広狭に関係なくinを用いることが多い》.
    -------------
    2 [SV at O]〈人・事が〉O〈結論・合意・年齢・時期・価格など〉に 到達する, 達する《◆受身可》

    After many hours' talk, we ~d at a conclusion. 何時間もの話し合いの後我々は1つの結論に到達した

    My son ~d at the age of twenty. 息子が20歳になった

    An unexpected result was ~d at. 予期しない結果に達した.

    3 〈時・時期などが〉来る(come)

    The great day ~d. すばらしい日が訪れた

    The time has ~d for us to stand up. 我々の立ち上がる時がやって来た.

    4 〈 赤ん坊が〉生れる(be born)

    The baby ~d on Monday. 赤ちゃんが月曜日に生れた.

    5 ((略式))〈人が〉成功する, 名を成す(be successful)《◆フランス語法》

    A man who has not ~d by forty will never ~. ((ことわざ))四十にして名を成さない人は永久に名を成さないであろう.

    [自]〔…に〕帰って来る〔at〕

    ~ back at home 家に帰って来る.

    English-Japanese dictionary > arrive

Look at other dictionaries:

  • なんぼ — (副) 〔「なんぼう(何)」の転〕 (1)どの程度。 どのくらい。 「この傘は~ですか」 (2)どんなにか。 いかように。 「一人ぼっちは~寂しかろう」 (3)(「なんぼ…ても」「なんぼ…でも」などの形で)いくら…ても。 どれほど…でも。 「~言っても聞き分けない」「~可弱い女でも/魔風恋風(天外)」 (4)いくらなんでも。 どんなに…しても。 「恩を仇(アダ)で返すやうな事は~だつて/社会百面相(魯庵)」 ~なんでも どう考えても。 いくらなんでも。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんでも — なんでも【何でも】 ※一※ (副) (1)はっきりしないが。 どうやら。 「~今日は来るそうだよ」 (2)事情のいかんにかかわらず。 どうしても。 なんとかして。 「何が~行くしかない」「こりや~姫を連れて来て, 見せることぢやの/外科室(鏡花)」 ※二※ (連語) どれでも。 どんなことでも。 「~そろっている」「君のことなら~知っている」 ~な・い (1)取り立てていうほどのことではない。 どうということもない。 「この程度のけがは~・い」… …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんとも — なんとも【何とも】 〔「なにとも(何)」の転〕 (1)(下に打ち消しを伴う)(ア)これとはっきり言えない気持ちを表す。 どうとも。 「どうなるか, まだ~言えない」「~わからない」「~言いようがない」(イ)大したことはないという気持ちを表す。 「~思わない」「けがは~なかった」 (2)程度が形容のしようのないほどひどいさまを表す。 まことに。 まったくもって。 「~困った事になった」「~申し訳ありません」 〔「~ない」などは, アクセントは 〕 ~彼(カ)とも 意想外のことで,… …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんだって — なんだって【何だって】 ※一※ (感) 相手の発言に驚いたり, 反発したりするときに発する語。 なんだと。 「~, 彼が事故に遭ったって」「~, もう一度言ってみろ」 ※二※ (連語) (1)〔「なんであっても」の転〕 なんでも。 どれでも。 「着られるものなら~いい」 (2)〔「なんだといって」の転〕 どういう理由で。 なぜ。 「~そんなことをするのだ」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんじゃもんじゃ — なんじゃもんじゃ【何じゃもんじゃ】 その地方には珍しい樹種や巨木をさしていう称。 クスノキ・ヒトツバタゴ・バクチノキなどである場合が多い。 千葉県神崎町神崎神社のもの(クスノキ), 東京都明治神宮外苑のもの(ヒトツバタゴ), 筑波山のもの(アブラチャン)などが有名。 あんにゃもんにゃ。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんにも — なんにも【何にも】 〔「なにも(何)」の転〕 (1)何事にも。 「そんなことをしても~ならない」 〔「~増して」などは, アクセントは 〕 (2)(打ち消しの語を伴って)何一つ。 少しも。 全く。 「地位も財産も~ない」「私は~知らない」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんでもかんでも — なんでもかんでも【何でもかんでも】 〔「何でも」を強めていう語〕 (1)どのようなものでも。 すべて。 「彼は~すぐ手を出したがる」 (2)どうしても。 ぜひとも。 何としても。 「この仕事が終わるまでは~がんばろう」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんとか — なんとか【何とか】 〔「なにとか(何)」の転〕 ※一※ (副) (1)手段や方法を尽くして, 何かをすることを表す。 「~完成させたいものだ」「今のうちに~しないと大変だ」「そこを~お願いします」 (2)満足とはいえないが, どうにか。 どうやら。 まずまず。 「苦労の末, ~目的地にたどりつく」「これだけあれば~なる」 ※二※ (連語) (1)はっきり言えない事柄を表す。 「~という人がたずねて来た」「~言いなさい」 (2)あれやこれや。 「所用だとか~言って会ってくれない」… …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんでもかでも — なんでもかでも【何でも彼でも】 「なんでもかんでも」に同じ。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんら — なんら【何等】 〔「なにら(何等)」の転〕 (1)(下に打ち消しを伴って)少しも。 なにも。 「~心配はない」「~の問題もない」 (2)(「なんらの」の形で)なんという。 「~の至幸, ~の快事/花柳春話(純一郎)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんたら — なんたら【何たら】 ※一※ (連体) 「なんたる(何)」の転。 なんという。 「今夜も又木戸番か, ~事だ面白くもない/にごりえ(一葉)」 ※二※ (副) 〔「なんとやら」の転〕 名称や内容がはっきりしないさま。 「~かんたら言っていた」「~いふ骨の多い, いやあな焼肴じや/当世書生気質(逍遥)」 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.