Translation: from english

ないまく

  • 1 inland

    ないりく 内陸
    ないち 内地
    * * *
    /〖形〗ínlənd, -læ̀nd; 〖名〗ínlæ̀nd, -lənd│-lənd; 〖副〗ínlæ̀nd, -lənd│inlǽnd/ 〖形〗(φ比較)[限定]
    1 (海・国境から遠い) 内陸の, 内地の, 奥地の

    an ~ lake 内陸の湖.

    2 ((主に英)) 国内の[で営まれる], 内地の(domestic)(⇔foreign)

    ~ trade 国内交易

    an ~ duty (国内交易などに課する)内国税.

    〖名〗〖C〗 内陸, 奥地; 内地, 国内

    the ~ of Africa アフリカの奥地.

    〖副〗/ínlæ̀nd, -lənd│inlǽnd/(φ比較) 内地[内陸, 奥地]へ[に]

    go ~ 奥地に向かって行く.

    English-Japanese dictionary > inland

  • 2 whatever

    なんら 何ら
    どちみち
    なにら 何ら < is the matter>
    いったいぜんたい 一体全体
    * * *
    /(h)wʌtévə(r), (h)wɑt-│wɔt-; ((弱))(h)wət-/
    〖代〗
    I [関係代名詞; 独立用法]
    1 (…する)物[事]はなんでも[みな](anything [everything] that); …する何か(が)

    Do ~ you like. 何でも好きな事をしなさい(=Do anything you like. )

    W~ is left over is his. 残っているものは全部彼のものです.

    ◇[語法] no matter whatとは交換不可: xDo no matter what you like.
    2
    a ((正式))[譲歩節を導いて]どんな事[物]が[を]…(しよう)とも《◆(1) 譲歩節中にはmayをよく用いるが, ((略式))では省くことが多い; willは用いない; Whatever be the reason … のように仮定法現在を用いるのは法律文書など堅い書き言葉に限られる. (2) 譲歩節で主語が抽象的な名詞句でwhateverがbe動詞の補語の場合, be動詞の省略が可能. (3) ((略式))ではno matter whatが普通》

    Stay calm ~ [no matter what] happens [may happen]. どんな事が起ろうとも落ち着いていなさい

    W~ your problems (are)(), they are surely less serious than mine. あなたの問題が何であろうと, 私のかかえている問題より確かにましだ.

    b ((主に米略式))(話し手の無関心を表して)何であれ, 何であろうとも

    He says he's a psychiatrist, ~ that is. どんな意味かよくわからんが, 彼は精神科医だということだ.

    3 ((略式))いったい何が[を]《◆(1) whatの強調形でwhat everともつづる. (2) 驚き・当惑などの気持を表す》

    W~ is that loud noise? あの大きな音はいったい何だろう

    W~ have you been doing to get that blood all over you? そこら中に血をつけていったい何をしていたんだ(=What the hell[on earth, in the world]have you been … ?).

    4 ((略式))[or ~の形で] 何かそのようなもの

    Bring me a hammer, chisel, or ~. ハンマーか, たがねか何かを持って来てくれ.

    〖形〗(φ比較)
    1 [関係形容詞] (…する)どんな…でも《◆what〖形〗3の強調形》

    She gave me ~ help I needed. 彼女は私の必要な援助はどんなことでも聞きいれてくれた.

    2 [譲歩節を導いて] どんな…が[を]…しようとも

    W~ man told you the story(), it cannot be true. どんな人がその話をしたとしても, それは本当であるはずがない.

    3 [通例否定・疑問文で; anyまたはnoを伴った名詞の後でそれを強調して] 少しの…も, 少しでも

    I have no doubt ~ that she is innocent. 彼女が潔白であることには何らの疑いもない

    Is there any chance ~ of their survival? 彼らが生き残る見込みは少しでもあるのか.

    ▼ Whatever next?
    ⇒ =WHAT next?
    [命令文の文尾・文頭で] いいか, 絶対に, 念を押して言うが

    W~ you do(), don't mention my name. いいか, 絶対に私の名前を口にするなよ.

    ▼ Whatever you say [think].
    ((略式))(無条件に聞き手の言うことを受け入れて)(わかったわかった)何でも君の言うとおりにするよ.
    〖副〗
    1 何でも, 何にせよ, どちらでも

    “Shall I call you tonight or tomorrow?”“W~. ”「今晩電話しましょうかそれとも明日にしましょうか」「どちらでも」.

    2 ((米俗))おそらく.

    English-Japanese dictionary > whatever

Look at other dictionaries:

  • ないまく — I ないまく【内幕】 うちわの事情。 うちまく。 II ないまく【内膜】 体内器官の内壁をおおう膜組織。 心内膜・子宮内膜など。 漿膜。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しきゅうないまくしょう — しきゅうないまくしょう【子宮内膜症】 子宮内膜組織が本来の部位以外で発育増殖するもの。 卵巣をはじめ子宮周辺の臓器に多くみられる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しんないまくえん — しんないまくえん【心内膜炎】 心臓内面をおおう膜の炎症。 リューマチ熱によるものと細菌感染によるものが多い。 心臓内膜炎。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しきゅうないまくえん — しきゅうないまくえん【子宮内膜炎】 子宮壁最内層の粘膜(子宮内膜)の炎症。 大部分は分娩・流産後の細菌感染が原因。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なみまく — なみまく【波幕・浪幕】 歌舞伎の大道具で, 一面に波の絵を描いた幕。 海上や海辺の場面などの舞台転換のつなぎなどに, 振り落としの幕として用いる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • なんまく — なんまく【軟膜】 髄膜の内層をなす柔軟な膜。 脳・脊髄の表面をぴったりとおおっている。 血管・神経繊維に富む。 広義には無血管性の蜘蛛膜を含める。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ないやく — ないやく【内約】 内々に約束すること。 また, その約束。 「~を得る」「両社の提携を~する」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ないかく — I ないかく【内核】 地球の核のうち, 5100キロメートル以深の部分。 ほとんど鉄からなる固体状と考えられている。 → 外核 → 地球 II ないかく【内殻】 内部にある殻(カラ)。 III ないかく【内角】 (1)〔数〕 多角形の隣り合った辺がつくる多角形の内部の角。 (2)野球で, 本塁ベースの打者寄りの側。 インコーナー。 「~低めの球」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ないふく — I ないふく【内服】 薬を飲むこと。 内用。 ⇔ 外用 「風邪薬を~する」 II ないふく【内福】 見かけより内実の裕福な・こと(さま)。 「~な公家衆隠居の左り笏/柳多留(別中)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ないます — (動サ特活) 〔「なさいます」の転。 近世後期の遊里語〕 (1)「なさいます{(1)}」に同じ。 「お早うございますね。 どう~・したえ/滑稽本・浮世風呂2」 (2)(補助動詞) 「なさいます{(2)}」に同じ。 「おやよく名を知つてゐ~・すねえ, 誰に聞え~・したえ/洒落本・南門鼠」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ないまぜ — ないまぜ【綯い交ぜ】 (1)色・素材・太さなどの違うものを合わせて一本の紐(ヒモ)や綱に綯(ナ)うこと。 「~の紐」 (2)いろいろなものをまぜ合わせて一つの物に作り上げること。 「うそとまことを~にした身の上話」 (3)歌舞伎で, 人物や時代を全く異にする二つ以上の脚本をまぜ合わせて, 新しい脚本を作ること。 「伽羅(メイボク)先代萩」と「累(カサネ)」による「伊達競阿国戯場(ダテクラベオクニカブキ)」など。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.