Translation: from english

どくりつせんげん

  • 1 soil

    どじょう 土壌
    つち 土 to soil:
    よごす 汚す
    * * *
    I
    /sɔ́il, ((米+)) sɔ́i(j)əl/ 〔「植物が育つ地殻上層の土」が本義〕
    〖名〗(複~s/-z/)
    1 〖U〗〖C〗 土, 土地, 土壌(earth)

    till [dig] the ~ before planting 植付け前に土を耕す[掘る]

    put (some) ~ in a flowerpot 植木鉢に(少し)土を入れる《◆代りにearthは使えるがgroundは不可》

    poor [rich, good, fertile] ~ やせた[肥えた]土地.

    2 〖U〗〖C〗((文))土地, 国(土), 地(land)

    die on foreign ~ 異郷の土となる.

    3 [the ~] (農民が働く)大地; 農業

    make one's living from the ~ 農業で生計をたてる.

    4 〖U〗〖C〗 (物事が発生しやすい)〔…の〕環境, 温床, 生育地〔 for〕

    fertile ~ for crime 犯罪の絶好の温床.

    II
    〖動〗|他|
    1 ((正式))〈衣服・手など〉を〔…で〕(少しまたは表面だけ)汚す, …に〔…で〕しみをつける〔 with〕; …を大便で汚す

    ~ one's hands 手を汚す; 汚い仕事をする; 品位を落す; 悪事[不正]に関与する.

    2 〈名声・家名など〉を傷つける, けがす

    a reputation ~ed by malicious gossip 意地悪な陰口で傷つけられた名声.

    3 〈 心など〉を堕落させる.
    |自|〈 衣服などが〉(少しまたは表面だけ)汚れる, しみがつく

    Light-colored clothing ~s easily. 薄い色の衣類は汚れやすい.

    〖名〗〖U〗
    1 汚れ, しみ; 汚すこと.
    2 不潔な物, 汚物; 汚水, 下水.
    3 肥料, 下肥(しもごえ), 人糞(じんぷん).

    English-Japanese dictionary > soil

Look at other dictionaries:

  • どくりつせんげん — どくりつせんげん【独立宣言】 〔Declaration of Independence〕 1776å¹´7月4日アメリカがイギリスから独立する理由・理念を内外に示した宣言。 T =ジェファーソンが起草。 自由・平等・幸福の追求を天賦の権利として主張している。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • げんしりょくはつでん — げんしりょくはつでん【原子力発電】 核分裂による熱で水蒸気を発生させ, 蒸気タービン・発電機を回して発電すること。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • せっせん — I せっせん【折線】 ⇒ おれせん(折線) II せっせん【拙戦】 まずい戦い。 また, スポーツの試合などで, 見るべき内容の乏しい戦い。 III せっせん【接戦】 (1)お互いに同じ程度の力をもっているため, 勝敗がなかなか定まらない激しい戦い。 「~の末勝つ」 (2)近づいて戦うこと。 接近戦。 「英艦と~せし顛末(ハジメオワリ)…を語り/浮城物語(竜渓)」 IV …   Japanese explanatory dictionaries

  • けつぜん — I けつぜん【傑然】 (1)他から傑出しているさま。 (2)毅然としているさま。 II けつぜん【孑然】 孤立しているさま。 孑孑。 「蕭条無人の域に~たる如く/くれの廿八日(魯庵)」 III けつぜん【決然】 固く心をきめたさま。 きっぱりと思い切ったさま。 「~たる態度」 IV けつぜん【蹶然】 勢いよく立ち上がるさま。 はねおきるさま。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • けっせん — I けっせん【決戦】 勝敗を決める重大な戦い。 「天下分け目の~」 II けっせん【結線】 (1)電気装置の部分品間を電線で接続し, 配線すること。 「室内~」「~図」 (2)密教で六字法を修するとき, 紐を結ぶこと。 怨敵(オンテキ)・悪病を結縛するための呪術。 III けっせん【血戦】 血みどろになって激しく戦うこと。 また, その戦い。 IV けっせん【血栓】 血管内で凝固してできる血液の固まり。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • ぜっせん — I ぜっせん【舌尖】 (1)音声学で, 「タ」「ナ」などを発音するとき歯や歯茎に接触する舌の最先端部。 → 舌端 (2)くちさき。 くちまえ。 弁舌。 II ぜっせん【舌戦】 言葉で争うこと。 口論。 論戦。 「激しい~が繰り広げられた」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いっせん — I いっせん【一戦】 ひといくさ。 ひと勝負。 「~を交える」「~に及ぶ」「敵と~する」 II いっせん【一洗】 (悪弊を)すっかりあらい流すこと。 「人民の気風を~して/学問ノススメ(諭吉)」 III いっせん【一煎】 煎茶(センチヤ)で, 一回目にいれた茶。 IV いっせん【一線】 (1)一本の線。 (2)はっきりした区切り。 けじめ。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • てっせん — I てっせん【撤饌】 神前の供物を下げること。 ⇔ 献饌 II てっせん【鉄扇】 骨を鉄で作った扇。 親骨だけが鉄のものと, 骨全部が鉄のものとがある。 近世, 武家の護身具として流行した。 III てっせん【鉄泉】 鉄イオンを多量に含む鉱泉。 貧血症・リューマチ・婦人病に効く。 IV てっせん【鉄線】 (1)針金。 「有刺~」 (2)キンポ …   Japanese explanatory dictionaries

  • こくりつえいせいしけんじょ — こくりつえいせいしけんじょ【国立衛生試験所】 医薬品・食品添加物・環境汚染物質・細菌・毒物などの検査分析を行い, 薬用植物の栽培などを業務とする, 厚生省の付属機関。 東京都世田谷区にあり, 大阪に支所がある。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • さるかにかっせん — さるかにかっせん【猿蟹合戦】 動物昔話の一。 蟹が握り飯との交換で猿からもらった柿の種をまいて育てたところ, 猿が独り占めし, 蟹には青柿を投げつけたので蟹は死ぬ。 蟹の子は栗・蜂(ハチ)・臼(ウス)などの助力を得て仇討ちをするというのが一般的な筋。 各地には, 柿以外のものを争いの原因にする話も多く伝わる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こくりつこくごけんきゅうじょ — こくりつこくごけんきゅうじょ【国立国語研究所】 国語および国民の言語生活に関する科学的調査研究を行い, あわせて国語合理化の確実な基礎を築くことを目的とする文化庁所轄機関。 1948年(昭和23)設立。 76年外国人に対する日本語教育のための「日本語教育センター」を設置。 東京都北区西が丘にある。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.