Translation: from english

じょうくう

  • 1 triumph

    しょうり 勝利
    せんしょう 戦勝
    とくい 得意 to triumph:
    かちほこる 勝ち誇る
    * * *
    /tráiəmf, -ʌmf/ 〔「酒神バッカスに捧げる歌」が原義〕
    〖名〗(複~s/-s/)
    1 〖C〗〔…に対する〕勝利, 征服〔over, for〕《◆victoryより堅い語で意味が強く, 「決定的な勝利」をいう》; 大成功, 功績

    achieve a great ~ 大勝利を収める

    end in a ~ 大成功に終る.

    2 〖U〗 勝ち誇ること, 勝利感, 勝利[成功]の喜び

    with shouts of ~ 勝利の歓声をあげて

    go [return] home in ~ 勝ち誇って[意気揚々と]帰る.

    3 〖C〗〔ローマ史〕凱旋(がいせん)式[祝い].
    〖動〗(~s/-s/; ~ed/-t/; ~・ing)
    |自|
    1 [SV]〈人・チームなどが〉 勝利を得る《◆winより堅い語》; 成功する; 〔…を〕打ち負かす, 克服する〔 over〕

    ~ over adversity 逆境を乗り越える

    I've ~ed over that coward. あの臆(おく)病者の鼻をあかしてやった.

    2 〔…に対して〕勝ち誇る〔 over〕; 〔…の〕勝利[成功]を喜ぶ〔in〕.
    3 凱旋(がいせん)式を行なう.

    English-Japanese dictionary > triumph

  • 2 jest

    じょうだん 冗談
    かいぎゃく 諧謔
    たわむれ 戯れ to jest:
    たわける 戯ける
    * * *
    /dʒést/ ((正式)) 〖名〗
    1 〖C〗 冗談, しゃれ, こっけい(joke)

    bréak a jest́ 冗談を言う.

    2 〖U〗〖C〗 ふざけ, 戯(たわむ)れ; ひやかし

    as a jest́ 冗談のつもりで

    speak in ~ おどけて話す

    màke a jest́ of her ignorance 彼女の無知をからかう.

    3 [a ~] 物笑いの種

    a standing ~ お決りの笑い草, いつもの笑い物.

    〖動〗|自|
    1 〔…について〕冗談を言う, ふざける〔 about〕

    I ~! ((略式))冗談だよ.

    2 〔…を〕からかう; ひやかす〔with, at〕

    ~ at his misery 彼の不幸をあざ笑う.

    |他|〈人〉をあざける, ばかにする; [直接話法で]「…」と言ってからかう.

    English-Japanese dictionary > jest

  • 3 often

    しばしば 屡々
    ちょいちょい
    ちょくちょく
    かねがね 予々
    さいさい 再再
    たびたび 度度
    * * *
    /ɑ́fn, ɑ́ftn, ((米+))ɔ́ːf-/ (類音((米)) orphan) 《◆((米))((英))ともに/t/を入れない発音の方が多く用いられているが, / t/を入れて発音する人も増えており, 教養のある人々の間でもすでに一般的になっている. ただし((米))では今でも/t/を入れる発音を((非標準))とする人がいる》. 〔「起る確率が6割ぐらい」が本義〕
    〖副〗(more型; ((まれ))-er型) しばしば, たびたび, よく; 多くは《◆起る頻度はfrequentlyとほぼ同じで, sometimesより高く, always, usually, regularlyよりも低い; ⇔seldom》

    It's ~ cold here. ここでは寒いのはたびたびのことだ

    He has ~ found it to be wrong. 彼はこれが悪いことだとしばしば感じていた

    Unstable boys ~ get very angry. 情緒不安定な子はよくかっとなる

    People ~ throw rubbish into the river. 川にごみを捨てる人が多い(=Many people throw … )《◆manyはoftenに対応》.

    -------------
    ◇[語法]
    (1) 文中位が普通で通例一般動詞の前, be動詞および助動詞の後. 疑問文・否定文では文尾も可. 肯定文で強調のため文頭・文尾にくるときは通例quite, veryで修飾する: “Is John strict?”“Yes, he ~ ís. ”「ジョンは厳しくしますか」「ええ, たびたびです」《◆isに強い強勢を置く》/Quite [Very] ~ she walked around here. 彼女がこのあたりを歩くことはたびたびあった《◆Frequently she walked … が好まれる; O~ did she walk around here. のような倒置構文はきわめてまれで文語的》/She walked around here quite ~. 彼女がこのあたりを歩くことはかなりよくあることだった.
    (2) 命令文では文尾が普通: Come and see us ~. たびたび遊びにいらっしゃい.
    (3) 否定語の前にくる場合と後にくる場合とで意味の違いがある: He ~ isn't [is not] early. 彼は早めに来ないことがしばしばある《◆notはearlyを否定: It is ~ that he isn't early. =He's ~ late. 》/He is n't ~ late. i) 彼はめったに遅れることはないのだ《◆notはoftenを否定: It is not ~ that he is late. =He seldom is late. 》; ii) [oftenの前に休止を置いて] よく遅れるわけではない, 時々遅れる《◆notは文全体を修飾: It is not the case that he is ~ late. =He is sometimes late. 》.
    (4) 特定の短期間内の繰り返しにはoftenは用いない, frequentlyは可: The child frequently [xoften] fell yesterday when he was playing. その子はきのう遊んでいるときよく転んだ.
    -------------
    ▼ as often as …
    (1) [数詞句の前で] …回も

    as ~ as nine times 9回も.

    (2) [接] …するたび(ごと)に

    As ~ as she tried, she failed. 彼女はやるたびに失敗した《◆前のasが省略されると「しばしば…するけれども」(譲歩)(=Though she ~ tried … )の意になる》.

    ▼ *(as) often as not
    (少なくとも) 2回に1回は, しばしば

    As ~ as not, his son is late for school. 彼の息子は2回に1回は学校に遅刻する.

    [通例文尾で] ときどき(occasionally)《◆強調のために文頭に置かれることもある》.
    ▼ *how often … ?
    (1) 何回…

    “ How ~ do you go to the movies?”“Once or twice a week. ”「映画へはよく行きますか」「週に1, 2度です」《◆“Often. ”とか“Sometimes. ”のように単に頻度を表す語で答えるのは投げやりな感じを与えるので, はっきり回数を言うのが普通》.

    (2) [完了時制で] これまでに…したことが何度ありますか

    “ How ~ have you been to Hokkaido?”“Three times. ”「北海道へこれまで何度行きましたか」「3回です」《◆回数で答えるのが普通》.

    通常, たいてい(usually).
    ▼ not often
    めったに…ない(seldom)( ⇒ ◇[語法] (3) ).
    1度だけやりすぎたためにとうとう.

    English-Japanese dictionary > often

  • 4 remember

    し 偲
    めいき 銘記 to remember:
    おぼえる 憶える
    おぼえる 覚える
    みおぼえる 見覚える
    * * *
    /rimémbə(r)/ 〔「覚えていて, 必要に応じて思い出せる」が本義. cf. ⇒ memory 〕〈派〉remembrance(名)
    〖動〗(~s/-z/; ~ed/-d/; ~・ing/-b(ə)riŋ/)
    ◇[index][SVO] ⇒ |他|1 覚えている / ⇒ 2 思い出す
    [SV(that)節 / SV wh節] ⇒ |他|1 …ということを[…かを]覚えている
    [SV to do] ⇒ |他|1 忘れないで…する
    [SVO[O's]doing / SV having done] ⇒ |他|1 …したことを覚えている
    [SVO1 to O2] ⇒ |他|3 よろしくと伝える
    |他|
    1 [SVO]〈人が〉〈人・物・事〉を 覚えている, 記憶している, 忘れないように注意する; [SV (that)節 / SV wh節]…ということを[…かを] 覚えている; [SV to do] 忘れないで…する; [SVO[O's] doing/ SV having done] …したことを 覚えている; [SVO as [to be] C]((正式))〈人・物〉を…と覚えている《◆(1) Cは名詞・形容詞・分詞. (2) 進行形不可》; [通例be ~ed] 〈人・物・事が〉〔…として/…で〕記憶にとどめられる〔as/for〕

    Did you ~ to lock the door? 忘れずに戸に錠をおろしたか(=Didn't you forget to … ?)

    She ~ed not to go out alone. 彼女はひとりで外出してはいけないことを覚えていた

    I ~ [xam ~ing] posting [having posted] your letter. = I ~ (that) I posted your letter. あなたの手紙を出したことを覚えている

    I'll ~ your kindness forever. ご親切は永久に忘れません(=xI'll not forget your kindness forever. ⇒ forever )

    I ~ you [your] saying that. あなたがそう言ったのを覚えています《◆I ~ (my [xme]) saying that. ((自分が)そう言ったのを覚えている)ではmyの代りにmeを用いることは不可》

    I (can) ~ my father to have been kind. ((正式))父が優しかった記憶がある

    I'll arrange a party to ~. 思い出となるようなパーティーを私が企画しましょう

    I (can) ~ you as having a sister. あなたには妹さんがいらしたと記憶しています《◆canをつけると「覚えている状態」を強調する; 進行形の代用表現》

    He will lay be ~ed for his kindness and generosity. 彼は優しさと寛大さの故に長く記憶されるだろう.

    2 [SVO]〈人が〉〈人・物・事〉を(自然に) 思い出す; [SV (that)節 / SV wh節[句]]…ということを[…かを](自然に)思い出す; …を(意識的に)思い起す《◆類語remember, recall, recollectは後のものほど意識的努力によって思い出す度合が強い; 通例否定文で用いる》

    I can't ~ his name. 彼の名が思い出せない

    She suddenly ~ed that she had some homework to do. 彼女は宿題のあったことを突然思い出した.

    3 ((米文・英正式))[SVO1 to O2]〈人が〉O1〈人〉のことをO2〈人〉に よろしくと伝える《◆通例命令文か受身; 進行形不可》

    Mother asked to be ~ed to you. 母がよろしくと申しておりました(=Mother asked me to give her remembrances to you. ).

    4 ((正式))[しばしば遠回しに]〈人〉に贈り物をする, チップをやる; 遺産を与える《◆「〈人〉を心に留めておく」ことから文脈に応じて各意味が生じる》

    I always ~ my mother on Mother's Day. 母の日にはいつも母に贈り物をします

    Please ~ the taxi driver. タクシーの運転手にチップをあげてくれ.

    5 〈 人など〉の幸せ[成功]を祈る; 〈死者〉の慰霊祭をする.
    |自|
    1 〈人が〉覚えている; 記憶力がある; 思い出す, 〔…を〕忘れていない〔 about〕

    Tomorrow, nobody will ~. 明日になれば誰も覚えていないよ《◆失敗した人を慰める表現》

    I don't ~ well. 物覚えがよくない

    ever since I can ~ 思い出せる限りずっと

    Now I ~. 今思い出した《◆現在形に注意》

    if I ~ correctly … もし私の記憶に間違いがなければ….

    2 [R~?; 間投詞的に用いて]

    This is my daughter. R~? これは私の娘です. 覚えてますか.

    〈人〉のためにお祈りをする.
    ((古))冷静になって行動を慎む.
    ▼ something to remember one bỳ
    (1) 何か思い出になるもの.
    (2) ((略式))打つこと, 一撃

    I'll give him something to ~ me by. 彼をなぐってやるぞ.

    [挿入的に] 覚えているでしょう.

    English-Japanese dictionary > remember

  • 5 preparation

    しこしらえ 仕拵え
    したく 支度
    じゅんび 準備
    ととのえ 整え
    しらべ 調べ
    そなえ 備え
    ふくせん 伏線
    よび 予備
    ようい 用意
    したげいこ 下稽古
    したしらべ 下調べ
    したごしらえ 下拵え
    ちょうせい 調製
    ふせき 布石
    プレパラート
    * * *
    /prèpəréiʃ(ə)n/ 〔 ⇒ prepare 〕
    〖名〗(複~s/-z/)
    1 〖U〗〖C〗〔…を〕 準備すること, 準備されていること〔of〕; 〔…に対する/…する〕用意〔for/to do〕; [通例~s] (具体的な)支度, 手はず

    be in ~ 準備中である

    in ~ for his visit 彼の訪問にそなえて

    the ~ of lunch for three persons 3人分の昼食の支度

    make [do] final ~(s) for the journey 旅行の最終的な下準備をする

    have [do] too little ~ for the examination 試験準備が[を]ほとんどまったくできていない[しない].

    2 〖U〗〔…の〕心構え, 覚悟〔 for〕.
    3 〖U〗((英やや古))(寄宿学校の)予習(時間); 宿題(((英略式)) prep).
    4 〖U〗〔薬品の〕調合; 〔食品の〕調製, 調理〔of〕; 〖C〗((正式))〔…用の/…するための〕調整(食)品, 調合剤[薬], 化粧品, (調理した)料理〔for/to do〕.
    5 〖U〗〖C〗〔音〕(不協和音の)予備(音).
    6 〖U〗 (ユダヤ教安息日の)前日, 準備日《金曜日》.
    7 [or P~] 〖U〗 (ミサなどの)予備勤行(ごんぎょう).

    English-Japanese dictionary > preparation

  • 6 obvious

    じめい 自明
    わかりきった 分かり切った
    あきらか 明らか
    めいはく 明白
    いちもくりょうぜん 一目瞭然
    きまりきった 決まりきった
    めいさい 明細 to be obvious:
    わかりきる 分り切る
    * * *
    /ɑ́bviəs/ ((アクセント注意))〔「道の(vious)邪魔をしている(ob)」→「明らかに見える」〕
    〖形〗
    1 〔…について/人にとって〕 明らかな, 明白な; 見てすぐわかる〔about/to〕(⇔obscure)《◆plainより堅い語》

    màke an obviouś érror in addition 足し算ですぐにわかるミスをする

    Some reasons are ~. いくつかの理由ははっきりしている

    It is obviouś (that) you are right. あなたが正しいのは明白だ(=Obviously(), you are right. ).

    2 (明白なので)言う必要のない, わかりきった, 見えすいた.
    3 露骨な, どぎつい.
    言うまでもないことを言う.

    English-Japanese dictionary > obvious

  • 7 immediately

    しだい 次第
    いっこくもはやく 一刻も早く
    そっこく 即刻
    そくざに 即座に
    すぐ 直ぐ
    すぐさま 直ぐ様
    じきに 直に
    めいれいいっか 命令一下
    * * *
    /imíːdiətli, ((英+))-dʒət-/ 〔 ⇒ immediate 〕
    〖副〗(φ比較)
    1 ただちに, すぐに, さっそく(right away, at once)

    She returned my call ~. すぐに彼女は返事の電話をしてきた.

    2 直接に, じかに; [副詞・前置詞句の前で] すぐ近くで

    ~ under the table テーブルのすぐ下に

    I came home ~. どこにも寄らずに家に帰ってきた.

    〖接〗((主に英))…するとすぐ, …するやいなや(as soon as)

    He will telephone you(). 彼は帰ってきたらすぐ君に電話するでしょう.

    English-Japanese dictionary > immediately

  • 8 thicket

    しげみ 茂み
    やぶ 藪
    * * *
    /θíkit/ 〖名〗〖C〗
    1 低木の茂み, やぶ(cf. ⇒ bush ).
    2 (茂みのように)深くからまったもの, 錯綜(さくそう).

    English-Japanese dictionary > thicket

  • 9 mercy

    じしん 慈心
    じんけい 仁恵
    * * *
    /mə́ː(r)si/ 〔「賃金・報酬」が原義〕
    〖名〗(複-・cies/-z/)
    1 〖U〗 [時に~ies; 単数扱い]〔…に対する〕慈悲, 寛容; 親切, 哀れみ, 情け(compassion); 寛大な行為〔to, toward, on〕

    a king withòut mercý 情け容赦のない王

    in mercý to … …への哀れみの気持から, …に免じて

    hàve [tàke] mercý on [upon] her = show ~ to [on] her 彼女を哀れに思う

    throw oneself on the ~ of the court((正式))法廷の情けにすがる.

    2 〖C〗((略式))[通例a ~] 幸運, 恵み, ありがたいこと; 救済, 安堵(あんど)

    It's a ~ that nobody got injured. だれもけがをしなかったのは幸いだ

    His death was a ~ after months of pain. 彼は死ぬことによって何か月もの苦しみから救われた.

    3 〖U〗 (死刑予定者に対する減刑による)赦免の処分; 赦免の裁量権.
    ▼ *at the mercy of O =
    …のなすがままに(なって)

    The champion had the challengers at his ~. = The challengers were at the champion's ~. チャンピオンは挑戦者たちを思うままにあしらった.

    ▼ be grateful [thankful] for small mercies
    さらに悪くならなかったことに感謝する, 不幸中の幸いとほっとする.
    ▼ be left to the (tender) mercy [mercies] of O
    …にたっぷりかわいがられる, …にひどい目に会う《◆反語用法》.
    ▼ (Have) mercy on [upon] us [me]! =
    ▼ Mercy (me)!
    (驚き・恐怖を表して)おや!, まあ!
    ▼ throw oneself on [upon] O's mercy
    ((正式))〈人〉の情けにすがる.
    〖形〗[限定] 病人[難民]を救う.

    English-Japanese dictionary > mercy

  • 10 grub

    じむし 地虫
    * * *
    /ɡrʌ́b/ (類音grab) 〖名〗
    1 〖C〗 (コガネムシ・カブトムシなどの)幼虫, 地虫.
    2 〖C〗((古))退屈な仕事をこつこつする人, ((米略式))がり勉家; ((英略式))無精者《◆主に子供》; 三文文士(literary hack).
    3 〖U〗((略式))食物(food)

    G~ up. 食事[ごはん]だよ.

    〖動〗(-bb-)|他|
    1 〈 根など〉を掘り出す, 取り除く(+up, out); 〈地面〉を掘り返す, 〈土地〉を掘って根株をとる

    ~ up bushes やぶを掘り起す

    ~ the ground for crystals 地面を掘って水晶を探す.

    2 ((略式))…を苦労して捜し出す, 手に入れる(+up, out).
    3 ((略式))…に食物を与える.
    |自|
    1 土地を掘り返す, 根を掘り出す(+on, along, about, around, away); 土地を掘って〔…を〕捜し回る(+about, around)〔 for〕.
    2 〔…を〕熱心に捜し求める〔 for〕.
    3 がり勉する.
    4 ((略式))食べる, 食う.

    English-Japanese dictionary > grub

Look at other dictionaries:

  • しょうかどうしょうじょう — しょうかどうしょうじょう【松花堂昭乗】 (1584 1639) 江戸初期の書画家。 姓は中沼。 号は滝本・惺々翁・空識。 和泉の人。 男山八幡の僧。 滝本坊の住持となったが, のち方丈を構え, 松花堂と称した。 書をよくし, 洒脱な水墨画・大和絵を多く描く。 収集の茶道具は「八幡蔵帳」に詳しい。 松花堂流の祖。 寛永の三筆の一人。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じょうじょうしゃくりょう — じょうじょうしゃくりょう【情状酌量】 裁判で刑を決定する際, 同情すべき事情を考慮して, 刑罰を軽くすること。 酌量減軽。 「~の余地なし」「~して執行猶予となる」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しょくようじょう — しょくようじょう【食養生】 食物の栄養を考慮しながら, 病気の予防・治療をはかること。 くいようじょう。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じょうぐうしょうとくほうおうていせつ — じょうぐうしょうとくほうおうていせつ【上宮聖徳法王帝説】 〔「帝説」は「たいせつ」とも〕 聖徳太子の伝記。 一巻。 著者未詳。 現存本は平安時代の成立といわれる。 聖徳太子に関する伝記・系譜などの古記録を集成したもので, 記紀と異なる所伝や天寿国繍帳銘など貴重な資料を含む。 上宮法王帝説。 法王帝説。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じょじょうしょうきょくしゅう — じょじょうしょうきょくしゅう【抒情小曲集】 詩集。 室生犀星作。 1918年(大正7)刊。 「小景異情」「合掌」など, 少年の多感な哀傷, 自然・故郷への想いなどを直截にうたい, 新しい抒情詩をうちたてた。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しょうがくしょうかしゅう — しょうがくしょうかしゅう【小学唱歌集】 文部省音楽取調掛が編集した日本最初の音楽教科書。 初編1881年(明治14), 第二編83年, 第三編84年発行。 初編に「ちょうちょう」「蛍の光」, 第二編に「霞か雲か」, 第三編に「仰げば尊し」「庭の千草」などを含む。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しょうしんよくよく — しょうしんよくよく【小心翼翼】 (1)気が小さくびくびくしているさま。 「~と任務に励む」 (2)つつしみ深く, 細かい配慮をすること。 「~謹(ツツシミ)て守らざる可らず/学問ノススメ(諭吉)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じゅうしょうきんむりょくしょう — じゅうしょうきんむりょくしょう【重症筋無力症】 随意筋が容易に疲労し脱力状態になる疾患。 脱力は主として顔の筋肉から始まり, 全身にみられる。 休息により症状は回復するが, 呼吸困難をきたすこともある。 神経と筋肉の接合部の異常による。 特定疾患の一。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • じゅんなしょうがくりょういんべっとう — じゅんなしょうがくりょういんべっとう【淳和奨学両院別当】 淳和院と奨学院との別当を兼任する人。 古くは源氏の長者が両院の別当を兼任し, 長者が大臣に任ぜられると源氏の次位者に与えられたが, 1140年右大臣中院(ナカノイン)雅定(村上源氏)が両院別当に任ぜられてから, その子孫の世襲となった。 1383年将軍足利義満(清和源氏の裔)が任ぜられてより将軍家の兼任となった。 明治維新で廃止。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • くろごくじょうじょうきち — くろごくじょうじょうきち【黒極上上吉】 (1)江戸時代, 役者評判記などの位付けの最高位。 「極上上吉」の四文字を黒字で書く。 黒極(クロゴク)。 (2)最上品。 最高の物。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • しょうちょうけいしきのてつがく — しょうちょうけいしきのてつがく【象徴形式の哲学】 〔原題 (ドイツ) Philosophie der symbolischen Formen〕 新カント派の哲学者カッシーラーの主著。 1923~29年刊。 世界の了解がどのような象徴形式を通してなされるかを分析し, 文化のあり方を根本的に解明しようとする。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.