Translation: from english

がんぐ

  • 1 kindness

    かんこう 寛厚
    こうい 厚意
    こうじょう 厚情
    こんい 懇意
    こんせつ 懇切
    しんせつ 深切 < your>
    ほうし 芳志
    * * *
    /káin(d)nəs/ 〔 ⇒ kind2 〕
    〖名〗(複~・es/-iz/)
    1 〖U〗 親切心, 優しさ; 〔…に対する〕 思いやり〔to〕

    with ~ 親切に(も)

    òut of kindnesś 親切心から

    her ~ of heart 彼女の優しい心《◆her kind(ly) heartよりも感情のこもった言い方》

    He's killing his dog with ~ by feeding it too much. ((略式))彼はえさをやりすぎてかえって犬をだめにしている.

    2 〖C〗 親切な行為, 優しいふるまい

    I appreciate [Thank you for] your many ~es to me. いろいろとご親切にしていただいてありがとうございます.

    (1) 親切にも…する《◆be kind enough to doより堅い言い方》.
    (2) [命令文で] どうか…してください(((英)) do me the ~ to do).
    …氏に託して《◆人に託す手紙を入れた封筒の表に書く》.

    English-Japanese dictionary > kindness

  • 2 bedrock

    がんしょう 岩床
    がんばん 岩盤
    * * *
    〖名〗〖U〗
    1 〔地〕基岩, (最下層の)岩盤, 岩床.
    2 [比喩的に] 基盤, 基礎; 最低, 底; 基本原則; 基本的事実

    get down to [reach] ~((略式))真相[本質]をつく.

    English-Japanese dictionary > bedrock

  • 3 come up with

    かんがえつく 考え付く

    English-Japanese dictionary > come up with

  • 4 think thoroughly

    かんがえぬく 考え抜く

    English-Japanese dictionary > think thoroughly

  • 5 continuously

    かんだん 間断
    しじゅう 始終
    ひっきりなし 引っ切り無し
    きりなし 切り無し
    * * *
    /kəntínjuəsli/ 〖副〗[しばしば進行形の文で]連続的に, 切れ目[とぎれ]なく.

    English-Japanese dictionary > continuously

  • 6 stick with it

    がんばり抜く.

    English-Japanese dictionary > stick with it

  • 7 sharply

    かくぜんと 画然と
    * * *
    /ʃɑ́ː(r)pli/ 〔 ⇒ sharp 〕
    〖副〗
    1 鋭く; ひどく

    The pencil is ~ pointed. その鉛筆は鋭くとがっている

    He dug me ~ in the ribs. 彼は私の脇腹を強くつついた.

    2 急に, 突然

    The path turned ~ to the right. 道は急に右に曲っていた.

    3 はっきりと, くっきりと

    The picture is ~ focused. 写真はピントが合ってはっきりしている.

    4 厳しく, 荒々しく, つっけんどんに, きびしい目つきで

    answer ~ とげとげしい口調で答える

    She rebuked me very ~. 彼女は私を非常に厳しくとがめた.

    5 敏感に, 鋭敏に.
    6 賢明に, 抜け目なく.

    English-Japanese dictionary > sharply

  • 8 goose

    がちょう 鵞鳥
    * * *
    /ɡúːs/
    〖名〗(複1, 2では geese/ɡíːs/, 3では ~s)
    1 〖C〗 (雌の) ガチョウ; ガン(wild ~)《◆高貴なswanに対して, gooseは従順で愛嬌があるがやや不器用とされ, 「とんま」の代名詞にもなる》; 〖U〗 ガチョウの肉

    All his geese are swans. ((ことわざ))自分のガチョウはみなハクチョウ; 「自分のものなら何でも最高」

    kill the ~ that lays [laid] the golden egg(s)((ことわざ))金の卵を生むガチョウを殺す, 目先の利益のために将来の利益を犠牲にする《◆ Aesop's Fablesから》. ◇[関連] 雄 gander/雌 goose/ひな gosling/鳴き声 gabble, gaggle, honk.

    2 〖C〗((やや古・略式))[時にyou ~の呼びかけで] ばか, まぬけ, ばかな女[人]

    màke a goosé of … …をばかにする.

    3 [~s] (仕立て屋の)火のし, (ガンの首のような柄のついた)アイロン.
    ((略式))〈人〉の計画を台なしにする.
    ▼ give O goose skin [bumps]
    〈人〉に鳥肌を立たせる.
    ((米))党の方針に忠実な, 思想穏健な.
    ▼ The goose hangs [honks] high.
    ((米略式))形勢が有利だ, 万事好調だ《◆ガンは好天に空高く飛んで鳴くことから》.
    ▼ The old woman is picking her goose.
    雪がしきりに降っている《◆子供がよく用いる表現》.
    買いかぶる, 手前みそを並べる.
    〖動〗|他|((主に米俗))(びっくりさせるために)〈人〉の尻の間を指でつつく.

    English-Japanese dictionary > goose

  • 9 drudge

    がりべん がり勉
    * * *
    /drʌ́dʒ/ 〖名〗〖C〗 (単調で骨の折れる仕事に)こつこつ[あくせく]働く人.
    〖動〗|自|〔いやな仕事を〕こつこつする, あくせく働く〔at〕.

    English-Japanese dictionary > drudge

  • 10 falsify

    かいざん 改竄
    ごまかす 誤魔化す
    * * *
    /fɔ́ːlsifài/ 〖動〗|他|((正式))
    1 〈 書類など〉に不正に手を加える, …を偽造する, 変造する(make false).
    2 〈 事実など〉を曲げて伝える, 偽る.
    3 〈 理論など〉の誤りを立証する.
    4 〈 結果が〉〈 期待など〉を裏切る; 〈 不安など〉を無用のものにする.
    |自|偽る, うそをつく.

    English-Japanese dictionary > falsify

  • 11 audible

    かちょう 可聴 to be audible:
    きこえる 聴こえる
    * * *
    /ɔ́ːdəbl, ((米+))ɑ́ːdə-/ 〖形〗〈人・声などが〉〔…に〕聞える, 聞き取れる〔to〕(⇔inaudible)

    in a scarcely ~ voice ほとんど聞き取れぬほどの声で

    heave an ~ sigh 聞えるような大きなため息をつく.

    English-Japanese dictionary > audible

Look at other dictionaries:

  • がんく — がんく【岸駒】 (1756 1838) 江戸後期の画家。 金沢に生まれ京都で活躍。 沈南蘋(チンナンピン)派・円山派などを学び, 筆法の鋭い装飾的な障屏画を描いた。 岸派の祖。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんく — I かんく【冠句】 ⇒ 冠付け II かんく【寒九】 寒に入って九日目。 III かんく【寒苦】 寒さに苦しむこと。 また, 厳しい寒さ。 「霜雪の~をいとふに心なし/笈の小文」 IV かんく【患苦】 うれえ苦しむこと。 苦しみ。 V かんく【甘苦】 (1)あまいこととにがいこと。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • がんぐ — I がんぐ【玩具・翫具】 もて遊ぶ道具。 遊び道具。 おもちゃ。 「~店(テン)」 〔明治期につくられた語〕 II がんぐ【頑愚】 頑固で愚かな・こと(さま)。 「人類の~なる六千年の歴史/求安録(鑑三)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんくちょう — かんくちょう【寒苦鳥】 〔仏〕 インドのヒマラヤにすむという想像上の鳥。 夜は寒さに苦しめられて朝になったらすみかを作ろうと思うが, 朝になると寒さを忘れて, すみかなど作っても仕方ないと考えを変えるとされる。 仏教では修行を怠る者のたとえに用いる。 かんくどり。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんぐる — かんぐる【勘繰る】 推量する。 特に, 悪いように考える。 「~・れば, 取引をやめたいのかも知れない」「何をいふにもお前はんのことを少(チツト)は~・つて居る/人情本・梅児誉美(初)」 ‖可能‖ かんぐれる …   Japanese explanatory dictionaries

  • ぐんかんく — ぐんかんく【軍管区】 もと, 軍事上の必要から全国を数個に分けた区域。 軍区。 「東部~」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • がんくい — がんくい【雁食い】 美味であるガンの肉を食うようなぜいたく。 「雁といふも同名の, かりがねといふも同名の, ~になるこそめでたけれ/狂言・雁かりがね(天正本)」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • くうかんぐん — くうかんぐん【空間群】 結晶の内部構造を分類したときの二三〇の群。 点, 軸, 面などの対称の要素を組み合わせて得られ, 結晶中の原子配列の対称を表す。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かんくじごく — かんくじごく【灌口地獄】 仏教で, 飲酒戒を破った者が死後におちるという地獄。 絶えず口に水をそそぎこまれるという。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かなしきがんぐ — かなしきがんぐ【悲しき玩具】 歌集。 石川啄木作。 死後, 1912年(明治45)土岐哀果の手で刊行。 第二歌集。 処女歌集「一握の砂」の三行書きを踏襲し, 切迫した生活感情がうたわれている。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • がんくいまめ — がんくいまめ【雁食豆】 ダイズの一品種。 五葉の小葉をもつ。 豆粒のくぼみを雁の食べたあとと見てこの名がある。 五葉豆(ゴバマメ)。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
… Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

Wir verwenden Cookies für die beste Präsentation unserer Website. Wenn Sie diese Website weiterhin nutzen, stimmen Sie dem zu.